事前予約でスマートな支払い!Peasy(ピージー)の特徴や口コミを調べてみた

Peasy(ピージー)は、「NTTドコモ」が運営する駐車場のシェアリングサービスです。

スマホのアプリを使って、目的地の近くにある駐車場を簡単に予約できます。

駐車場の経営をしている方なら、空いている駐車場にPeasyを導入すれば、効果的に売り上げを伸ばすことができます。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

Peasy(ピージー)の基本情報

基本情報(2020年8月時点)

運営会社株式会社NTTドコモ
リリース2017年7月
ダウンロード数50,000以上(GooglePlayから)
利用地域東京圏と関西の都心部
支払い方法クレジットカード払いのみ
貸出タイプ時間貸し
予約のキャンセル無料で何度でも予約できる
Peasyの導入費用センサー設置費用(初期費用50,000円+月額利用料2,000円)+システム手数料(売上の20%)
対応デバイススマホのアプリのみ

Peasy(ピージー)の特徴は

Peasy(ピージー)は、アプリで目的地周辺にある駐車場を探して予約すれば、30分だけキープすることができます。

アプリの利用は無料。駐車場の料金も、一般のコインパーキングより安くなっているのでお得に利用できます。

Peasyの特徴

  • アプリで簡単に駐車場を探せる
  • 予約すれば30分間キープできる
  • 対象地域は東京圏と大阪がメイン
  • 格安料金で利用できる
  • 支払いはクレカで自動清算

Peasyの駐車場は、東京圏と関西の都心部以外は少ないので、東京や大阪で駐車場を利用する場合に使ってみると良いと思います。

予約したら無料で30分キープできる!

アプリで空いている駐車場を探して予約すれば、30分間無料でキープすることができます。

キープ中は、予約者以外は利用できないので、駐車場を探し回る必要もありません。

車で普通に探しても「満車ばかりで全然停められない」といったことがあるので、確実に停められるPeasyアプリはとても便利です。

予約のキャンセルは無料

予約した駐車場は、30分過ぎれば自動的に解除されます。解除によるキャンセル料金などは一切かかりません。

1回のキープ時間は30分だけですが、終了しても再度予約できるので、何度も予約すれば何時間でもキープできます。

また、「キープした駐車場は必ず利用しなくれはならない」といったこともありません。

キープだけして利用しなくても全然OKなので、途中で別の駐車場が見つかれば、そちらに停めることもできます。

支払いはスマートで簡単

Peasyのパーキングには、車の入出庫を自動的に察知する「パーキングセンサー」が取り付けられています。

出庫と同時にセンサーが感知して、自動的にカードから引き落とされる仕組みです。

そのため、Peasyで駐車場を貸し出す場合は「パーキングセンサーの設置が必須」になります(コインパーキングにあるような車止めはなくてもOK)

Peasyの正式名称は「Smart Parking Peasy」なので、スマートに利用できるのが大きな特徴になっています。

貸出は駐車場の経営者向け

Peasyの貸出は、ストッパー(車止め)の設置は必要ありませんが、パーキングセンサーが必須になっています。

パーキングセンサーは、1台分ごとに「初期費用50,000円+月額利用料2,000円」がかかります。

それでも、コインパーキングのような設備は必要ないので、少ない費用で駐車場経営を始めたい方にはオススメです。

なお、「自宅の駐車場などを貸して副収入を得たい」という方には、Peasyは少し敷居が高いと思います。

NTTドコモには、Peasyのほかに”トメレタ“というサービスがあるので、そちらは個人でも参入しやすくなっています。

Peasy(ピージー)の利用方法

Peasyは、アプリをインストールして、カード情報を登録すればすぐに利用できます。

アプリは、”公式サイト”もしくは”ストア”からダウンロードできます。

Peasyの利用手順

  1. アプリをダウンロードする
  2. スマホにインストールして起動
  3. 外部アカウントでログイン
  4. プロフィールとカード情報を登録
  5. 駐車場を検索して予約(キープ)
  6. キープした駐車場を利用
  7. 出庫時にカードで自動清算される

アカウントの連携

Peasyを利用する時は、「LINE」「Google」「Facebook」のいずれかのアカウントを利用してログインします。

外部アカウントからPeasyと連携することで、すぐにPeasyが利用できるようになります。

外部アカウントでログインしたら、プロフィールとカード情報を登録します。

プロフィールは”名前”と”電話番号”の登録だけです。また、カード情報とプロフィールは、後で登録することもできます。

駐車場を検索して予約

必要情報を登録すれば、アプリで駐車場を検索して予約(キープ)することができます。

キープ時間は30分です。30分経過するとキープが自動で解除されます。

料金の支払いは、出庫時に登録したクレジットカードから自動精算されます。

Peasy(ピージー)の口コミを紹介

Peasy(ピージー)の口コミは、アプリのダウンロードストアでたくさん投稿されています。

因みに総合評価は、AppStoreで『4.5/5』、GooglePlayで『3.9/5』でした(2020年9月30日調べ)

ここでは、”AppStore”や”GooglePlay”の口コミの中から、良いレビューと悪いレビューで多い内容を紹介します

良いレビュー

良いレビューには、「アプリで予約できて便利」「自動払いなので楽ちん」といった口コミが多くあります。

利用した方には、繰り返し予約できる”無料キープ”と、カードによる”自動清算“はとても便利なようです。

良いレビューで多い内容

  • 事前予約で確実に停められる
  • 繰り返し予約できるのが良い
  • 駐車場料金が安いのでお得
  • 自動清算で支払いが楽ちん

また、駐車場の料金も、一般のコインパーキングよりかなり割安になっているので、お得な料金で利用できます。

悪いレビュー

悪いレビューには「利用できる地域が少ない」という口コミが多く投稿されていました。

Peasyの駐車場は、東京圏と関西の都心部以外はほとんど導入されていないので、「駐車場が全然ない」という不満の口コミも多くなっています。

悪いレビューで多い内容

  • 東京と大阪に行く時しか使えない
  • 都心部以外は駐車場が少ない
  • 利用できる駐車場がない
  • アプリがうまく動作しない

悪い評価もありますが、全体的には☆5の評価のほうが圧倒的に多いので、利用者にはとても使いやすいサービスのようです。

東京や大阪に車で行った時は、Peasyアプリで駐車場を探してみるのも良いかもしれません。

Peasy(ピージー)の記事まとめ

Peasyは、スマホから簡単に予約できて、簡易センサーによるスマートな支払い方法を実現した駐車場シェアリングサービスです。

オーナー希望の方は、パーキングセンサーを設置すれば導入できるので、低コストから始めることができます。

対象地域は、東京圏と関西の都心部だけなので、全国的にはあまり知られていないサービスです。

Peasyの導入も、基本的に法人向けのビジネスになっているので、初期費用無料で始められる”トメレタ“が個人オーナー向けになっています。

個人で自宅の駐車場などを貸したい場合は、ドコモより多くのシェアを獲得している”akippa”や”軒先パーキング”のほうが売上は上がりやすいでしょう。

Peasyの基本情報(2020年8月調べ)

運営会社対象地域対応デバイス
NTTドコモ東京圏、関西アプリのみ
リリース支払方法貸出手数料
2017年7月クレジットカード売上の20%

事前予約でスマートな支払い!東京や大阪で駐車場を探すならPeasyアプリがオススメ!


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>