SEO(検索エンジンの最適化)に沿ったサイト作りをしよう!

SEOとは、簡単にいえばホームページを検索エンジン向きに見直して整備することです。

検索エンジンには、「ロボット型検索エンジン」と「ディレクトリ型検索エンジン」があります。

現在の検索エンジンは、Googleが運営するロボット型が主流になっています。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

ロボット型の検索エンジン

ロボット型検索エンジンは、ユーザーが入力したキーワードに対して、サイトの重要性を評価し、関連性の高いものから表示していきます。

このしくみを利用して、検索エンジンに評価されるサイトにできれば、検索結果の上位に表示させることができます。

一方、ディレクトリ型検索エンジンは、サイトの見出しを五十音順やアルファベット順にして表示します。

そのため、ロボット型のようにサイトやブログを最適化しても、検索結果の順位は変わりません。

現在はロボット型が主流のため、SEOというとロボット型検索エンジンが対象になります。

SEO(検索エンジン最適化)

検索エンジンの検索結果に表示されるには、あらかじめ検索エンジンのデーベースにサイトが登録されている必要があります。

検索エンジンにトップのURLの登録申請をすれば、リンクを経由して全てのページを登録してくれます。

サイトを登録するのは簡単ですが、検索結果の上位に表示されるのは容易なことではありません。

上位に表示されるためには、検索エンジンに評価されるサイト作りが必要になってきます。

サイトの内容を最適化

一般にホームページはHTMLで作られています。HTMLはタグによって見出しなどが定義されています。

検索エンジンはこの見出しタグ(<h>タグ)や、サイトのタイトルである<title>タグで囲まれた文字列を高く評価します。

タイトルや見出しが正確に記述されてページは、訪問者からもわかいやすく検索エンジンからも評価されます。

さらに、サイト内で使用されているタグや、キーワードの数なども、検索エンジンが好むように最適化します。

リンクを充実させる

検索エンジンはページそのもの以外にも、リンクの仕方、リンクされ方でサイトを評価します。

検索エンジンの多くは、多くのページからリンクされているページを高く評価します。

また、検索エンジンが高く評価しているページからリンクされているページは高く評価されます。

つまり、「多くのサイトからリンクされること」が検索エンジンの上位に表示されることになるのです。

検索結果の上位に早く表示されるには、こちらの方が手っ取り早い方法です。

SEO(検索エンジン最適化)の流れ

検索エンジンは、サイトから収集した情報を元に

  • ユーザーが指定したキーワードが何回出てくるか
  • サイト構成は適切か
  • コンテンツは充実しているか
  • 多くのサイトからリンクされているか

など、様々な要素を組み合わせて評価し、順位付けをします。

そのため、上位表示には、検索エンジンが評価対象としている要素を最適化することが必要になっていきます。

その要素は主に「サイト構成」「キーワード」「タイトル」「見出し」「本文」「デザイン」「レイアウト」「リンク状態」などがあげられます。

これらを順に検索エンジンが好む形に最適化していきます。

サイト構成を最適化する

スポーツ用品を販売しているサイトに「スポーツ用品」というキーワードで検索すると、上位にはトップページが表示されます。

しかし、「スポーツ用品 テニス」で検索するとテニスのページが上位に表示されます。

これは、検索エンジンが指定されたキーワードからテーマを割り出し、よりテーマに合ったページを上位表示しているからです。

ここでは、検索エンジンに好まれるサイト構成について挙げていきます。

サイト構成を最適化する流れ

まずは「サイト全体」「ディレクトリ単位」「ページ単位」でテーマを明確にし、それに沿ったページを作ります。

例えば、ヒットさせたいキーワードが5つあれば、これをテーマにしたページを5つ作るという感じです。

グループ分けした構造にする

たとえば、「スポーツ用品」というテーマのトップページに、「テニス」というテーマと「ゴルフ」というテーマのディレクトリを作ります。

さらに、テニスの中に「ラケット」や「ボール」というページがあり、「ゴルフ」のなかに「クラブ」や「ボール」がある、といった感じです。

このような構造にすれば、「ラケット」のページでは「スポーツ用品」と「テニス」と「ラケット」の3つのキーワードがヒットするようになります。

全てのページを入り口と考えよう

検索エンジンは、キーワードからできるだけテーマに沿ったページを表示します。

そのため、必ずしもトップページや上位のページが表示されるとは限りません。

せっかく検索されても、アクセスしたページに欲しい情報がなく、関連ページのリンクもないと、そのまま閉じてしまいます。

ですから、どのページもヒットする可能性があると考えて、メニューやリンクを設置しておく必要があるのです。

キーワードを最適化して上位表示する

まず「ホームページを誰に見せたいのか」という”ターゲットユーザー”を明確にした上でキーワードを選んでいきます。

キーワードの最適化は、テーマに沿ったキーワードを用いるのではなく、あくまで「ユーザーが検索に使うキーワードを用いる」ということです。

ですから、ユーザーが検索すると思われるキーワードを選びます。

キーワードを最適化する流れ

まずは、自分のサイトやブログがどのような人をターゲットにしているかを考えます。

大人、子供、男性、女性・・・・・年齢、性別、職業などから、ターゲットユーザーをある程度絞り込んでいきます。

複数のキーワードを考える

多くのユーザーは、複数のキーワードを用いて目的のページを探そうとします。

例えば、「ホームページ 作成 本」などです。

ビッグキーワードのほかに複数のキーワードを選び、ユーザーがどのような組み合わせで検索してくるのかを考えます。

検索されているキーワードを知る

アクセス解析を利用すれば、自分のサイトやブログがどんなキーワードで検索されているかを知ることが出来ます。

予想外のキーワードで検索されている場合もあります。

実際に使われているキーワードを把握した上で「自分のサイトに最適なキーワードが何か」を考えます。

また、検索エンジンでよく使われているキーワードを知ることも必要です。

自分の考えたキーワードが一般的にどの程度使われているか、どんな組み合わせが多いがを知ることも大切です。

言い換えについて考える

SEOと類似するワードには、「検索エンジン最適化」「サーチエンジン最適化」「検索エンジン上位表示」などがあります。

同じ意味でも言い換えが出来る場合は、その言葉を考慮しなければなりません。

また、ユーザーが大人と子供、男性と女性で言い方が変わることがあるので、考えられるキーワードをいろいろ挙げておきましょう。

見出し・説明文を最適化する

検索エンジンは、アルゴリズムというプログラムによって収集した情報を分析し、重要性を評価して順位付けをします。

その対象になるのが、ホームページをつくる言語であるHTMLの書き方です。

これには文法に沿った書き方が必要になります。

それには「HTMLが正しく記述されているか」「間違った使い方をしていないか」を見直すことです。

また、過度な使い方は「検索エンジンスパム」とみなされることもあるので注意が必要です。

見出し(タイトル)の最適化

Yahoo!やGoogleで検索をすると、検索結果には”見出し”と”説明文”が表示されます。

ユーザーはこれらの情報から、自分の欲しい情報があるかを判断します。

ですから、この見出しと説明文がユーザーにとって意味のないものであれば、検索結果で上位に表示されてもクリックしてはもらえません。

ユーザーにクリックしてもらうには、ユーザーが検索したキーワードに合った内容にする必要があります。

最重要タグ!タイトル

検索結果に表示される見出しには、ページの作成時に設定した<title>タグの内容が表示されます。

検索エンジンは、<title>タグに含まれる文字列を最重要視しています。

<title>タグに重要なキーワードを入れておくことで、検索結果の上位が期待できるということになります。

複数のキーワードを入れるのも1つの方法ですが、文字数が多くなりすぎるとキーワードの重要性も下がります。

見出しは、そのページにタイトルですから、長すぎず端的なタイトルにしましょう。

重要キーワードは文頭に

ちなみにキーワードは、出来るだけタグの近くに配置するのが理想です。

キーワードは文頭に近いほど重要度が高いと評価されるからです。

また、ホームページ゙作成ソフトを使用すると、タイトル名の表示欄がプレビュー上にないため、タイトルタグを入れ忘れるケースがあります。

ページタイトルは、検索エンジン対策からも重要な要素の1つですので必ず記入するようにしましょう。

説明文の最適化

説明文の表示は書き方によって

  • キーワードを含んだ文章を自動で表示するタイプ
  • <meta>タグに書いた内容を表示するタイプ

に分けることができます。

前者は、ユーザーが指定したキーワードに対して、そのキーワードを中心とした前後の文章を説明文として表示します。

重要なことは、ページの先頭付近にあると判断しているので、ページ上部にキーワードを混ぜてページの説明をすれば良いです。

後者は、<meta>タグ内に書いた内容をそのまま表示します。

ページの内容をちゃんと説明をしたい場合は、<meta>タグ内に説明文を書く方法が良いでしょう。

本文を最適化する

本文の最適化は、キーワードを適度に混ぜながら文章を作成するのが基本となります。

検索エンジンは、「ユーザーが指定したキーワードがページ内にどのくらい出てくるのか」を判断して順位付けをしています。

また、ページの上部に近いほど重要視します。

ですから、そのページで伝えたいことをキーワードを混ぜながら説明すれば良いのです。

本文の見出し<h>タグ

<h>タグには、<h1~h6>まであり、検索エンジンも重要要素であると判断しています。

特に<h1>タグは文章で1番大きい見出しなので、<title>タグと同じキーワードを入れておくと効果的です。

ちなみに<h1>タグは、1ページに1つあるのが基本です。

<h1>が最も重要視されるからと言って、乱用すると文法上おかしくなり「不当」と判断されます。

<h2~h6>はいくつでも使用可能

<h1>以外は複数あってもかまいませんが、通常は断層的に配置されているのが自然です。

<h>タグは絶対必要というわけではありませんし、検索エンジンが評価するというのも絶対ではありません。

使いすぎると逆に評価が下がることになるので、整ったページであれば無理に使う必要はありません。

リンク設定<a>タグ

<a>タグは、他のページへのリンクを設定する時のタグです。

検索エンジンは、<a>タグの文字列とリンク先のページとの関連性を評価しています。

リンク先のページを的確に表す文字列を指定することが大切です。

例えば、リンク先の<title>タグや<h1>タグの文字列を<a>タグ使うといった感じです。

<em>タグ、<strong>タグ

<em>タグ、<strong>タグの内容も、他の文字列より重要な内容であると判断されます。

ブラウザ上では、<em>タグは→”斜体”、<strong>タグは→”太字”で表されます。

これらを効果的に使い、ページ内で重要な言葉や文章を強調することで、検索エンジンから評価されます。

しかし、乱用するとその効果が薄れるので禁物です。

<b>タグと<strong>タグの違い

<b>タグと<strong>タグは、見え方は同じ太字ですが、意味が異なります。

<b>はただの太字、<strong>は強調です。

検索エンジンは、太字<b>より強調<strong>を重要視しますが、だからと言って太字で表現したいだけの文字列を<strong>で囲むの無駄です。

なんでも<strong>で強調してしまうと、本当に強調したかったキーワードの重要性が下がってしまうからです。

また、乱用すると”スパムサイト”と判断されて”ペナルティ”を受けることになります。

<meta>タグ

<meta>タグは、かつては非常に重要視されていた時期がありました。

<meta>タグの情報はブラウザに表示されません。

そのため、<meta>タグにキーワードをたくさん入れて、故意にランキングをあげようとする「検索エンジンスパム」が横行しました。

現在の主要な検索エンジンでは、<meta>タグはそれほど重要視されていません。

ただし、本来の正しい使い方であれば、通常のテキストと同様の評価を受けます。

リンクポピュラリティ

検索エンジンは、サイトの順位付けをする要素に、他のサイトからのリンクの数や質を考慮します。

これを「リンクポピュラリティ」といいます。

つまり、「リンク数が多いページ」や「良質のページからリンクされているページ」は重要なページであると判断されるのです。

「多くのページからリンクしてもらうこと」「良質のページからリンクしてもらうこと」はアクセスアップにとても大切です。

内部リンクで評価を上げよう

自分のサイトのページから、自分のサイトの別のページにリンクするリンクを”内部リンク”と言います。

検索エンジンは、「外部リンク」と「内部リンク」を基本的に区別していません。

もちろん非常に高い評価を受けているページからリンクされれば、自分のサイトの評価も上がります。

しかし、同じレベルのページ同士であれば、基本的に内部リンクと外部リンクの評価の区別はありません。

内部リンクは最適化しやすい

むしろ、サイトテーマが近いだけ内部リンクのほうが評価を受けやすいケースもあります。

また、内部リンクであれば、不適切なアンカーテキストを貼る事もありません。

ページ内容に合ったリンクを設定することができ、検索エンジン対策にも有効になるというわけです。

外部リンクだけでなく、最適な内部リンクを作ることもリンクポピュラリティ向上に非常に有効です。

アンカーテキスト

検索エンジンは、リンクに用いられた文字列を重要視します。

この文字列を「アンカーテキスト」と呼び、そのページとの関連性が高いキーワードとして認識します。

アンカーテキストに含まれる文字列で検索が行われた際に、表示される検索表示の順位に大きく影響します。

アンカーテキストは、内部リンクなら自分で決められますが、外部からリンクされる場合はこちらでは決められません。

変なテキストでリンクされないためにも、「相互リンク」のページを作ってしっかり説明しておきましょう。

外部リンクを増やすには

ここでは、外部リンクを増やす方法を解説します。

相互リンクを依頼する

リンクを増やすためには、相互リンクを依頼することです。

自分のサイトと関係のないサイトのリンクは評価されないので、同じテーマをもったサイトに依頼します。

リンクして欲しいサイトに行って、お問い合わせから相互リンクをお願いします。

リンクされやすい環境をつくる

リンクを貼りたいと思わせるサイトにする必要があります。

必要ならコンテンツを増やしたり、サイト構成、ページレイアウトなどを修正します。

Yahooに登録する

Yahooなどのディレクトリ型検索エンジンや自分の分野を扱っているリンク集、検索エンジンなどに登録します。

検索エンジンスパムになる行為

検索エンジンスパムとは、無理やりHTML内にキーワードを入れたり、リンクを行為的に操作する行為です。

スパムによって検索結果が操作されると、スパムサイトが検索上位を独占することなります。

これでは、ユーザーに的確な情報を提供できなくなります。

そのため、検索エンジンでは独自に検索エンジンスパムの判断基準を設けています。

スパムに該当するサイトにペナルティを課す」などの対策がとられています。

どんな行為がスパムになるの?

では、どのような行為がスパムになるのか、それを理解してSEO対策がスパム行為にならないようにしましょう。

隠しテキストスパム

背景色と同じ色で文字を埋め込んだり、人の目に見えないような小さなサイズで文字を埋め込んだりする行為です。

例えば、白の背景色に、文字色が白のキーワードをたくさん埋め込んでも訪問者にはわかりませんが、検索エンジンにはわかってしまうのです。

複製ページスパム

ほとんど同じ内容のページを複数作り、検索エンジンに登録する行為です。

検索エンジンは、このようなページを見分けてスパム行為と判断してしまいます。

メタスパム

検索エンジンは、<meta>タグの情報を重要視していますが、<meta>タグの内容はブラウザには表示されません。

だからといって故意にランキングをあげようと、大量のキーワードを<meta>タグ内にいれると検索エンジンスパムと見なされます。

リンクスパム

小さな画像などに人には見えないリンクを設定したり、テーマとはまったく関係のないサイトと相互リンクをする行為です。

リンクを行為的に操作して検索順位を上げる行為は、スパムと判定されやすくなります。

過剰SEOによるペナルティ

検索エンジンから受けるペナルティには、「自動ペナルティ」と「手動ペナルティ」があります。

手動ペナルティは、大きな違反行為を見なされた場合に、運営者側が手動で課すペナルティです。

手動でペナルティを受けた場合は、改善したことを報告しないとペナルティは解除されません。

一方、自動ペナルティは、検索エンジンのロボットにスパムと判断された場合です。

この場合は、スパム行為を直せば、自然に順位が戻る場合が多いです。

ペナルティを受けると

検索エンジンからペナルティを受けると、次のような罰を受けます。

検索結果の順位を下げる

検索結果の順位付けをするときに、マイナスポイントとして「検索順位を下げる」といった措置です。

検索順位が急激に下がった場合は、過剰SEOを意識しましょう。

検索結果から除外される

検索エンジンのデータベースから除外され、検索しても検索結果に表示されなくなります。

この場合、スパム行為をやめれば、正常に表示されることがあります。

データベースから削除される

ページ単位やディレクトリ単位の場合もあれば、ドメイン名ごと、IPアドレスごと削除されることもあります。

ドメイン名ごと、IPアドレスごと削除されると、二度と検索結果に表示されることはなく、新たに取得しなけらばならなくなります。

SEO対策まとめ

SEO対策はやりすぎると、逆にマイナスの評価になることがあります。

また、順位が急に下がっても「それがペナルティを受けたからなのか」または「ほかの影響からきているのか」わかりません。

ペナルティだと思って変に色々変えてしまうと、さらに順位が下落する原因にもなります。

SEOに確実なものはないので、少しづつ確認していくしかありません。

急に順位が下がっても、しばらくすると元に戻ることもよくあるので、落ち着いて原因を探すようにしましょう。


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>