証券会社に登録しよう!初心者にオススメ!格安手数料が魅力のネット証券会社を紹介

ネットでの取引が当たり前の現在、投資業界では証券各社が競って高品質で低価格なサービスを提供しています。

株取引による手数料も20年くらい前と比べて考えられないほど安くなりました。

今では、1万円からでも取引ができる「ミニ株」のサービスを提供する証券会社も増えています。

さらに、昼間忙しいサラリーマンなどでも取引が出来る「夜間取引」など個人で株取引ができる環境が充実してきています。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

取引に必須!まずは利用する証券会社を決めよう!

投資には株式やFXのほかにも「投資信託」や「債券」「金・プラチナ」など色々あります。

証券会社によってそれぞれ得意分野や使える機能が違うので、まずは株式をやるのに適した証券会社を探します。

株やFXなどの投資を始めるためには、証券会社に取引の申し込みをしなければなりません。

証券会社も会社によって得意分野や使える機能やサービス、取引手数料などが異なります。

まずはどの証券会社が自分に合っているのかを考えましょう。

ここでは、株式の取引をするのに機能・サービスが優れていて、手数料が格安の証券会社をいくつか紹介していきます。

使いやすく手数料も安い!初心者向けの楽天証券

プロ野球の球団や楽天市場などのネットショッピングで有名な”楽天”が運営する証券会社です。

取引手数料が安くて、使いやすい「マーケットスピード」という万能ツールが無料で使えるのが特徴。

さらに、売買手数料の1~2%がポイントとしてキャッシュバックされます!

楽天の株式取引手数料は「1日定額コース」と「超割コース」の2タイプがあります。

取引スタイルに適したコースを選ぶことで、取引にかかる手数料を安くすることができます。

1日になんども取引を行う短期トレーダーには「1日定額コース」がオススメです。

1日の取引額の合計が10万円以下なら手数料無料で取引ができ、「デイトレード割引」もあるのでとても安く取引ができます。

中長期の方は、業界最低水準の「超割コース」を選択すれば間違いありません。

取引には、注文から情報収集、チャート分析まですべて出来る「マーケットスピード」という専用ツールがあります。

マーケットスピードはスマホでも利用できるので、外出先でも簡単に取引を行うことができます。

楽天証券はこちら↓
初心者が使いやすい!楽天証券

もっと詳しい記事はこちら↓
初心者にオススメの証券会社「楽天証券」

国内口座開設数NO.1!不動の人気「SBI証券」

口座開設数400万以上!国内のネット証券で口座開設が最も多い人気NO.1の証券会社です。

売買手数料が楽天証券とほぼ同じ水準で、投資商品も多く、使いやすい専用ツールがあるのが特徴です。

取引ツールやアプリについては、中級者向きというコメントも多いです。

全くの初心者の方は楽天証券のほうが使いやすいかもしれません。

また、夜間取引もできるので、昼間お仕事で時間が取れないサラリーマンの方でも取引することができます。

なお、専用ツールの「HYPER SBI」は、楽天のマーケットスピードと違って利用するのに月額500円かかります。

SBI証券はこちら↓
口座開設数NO.1!SBI証券

もっと詳しい記事はこちら↓
人気・実力NO.1の証券会社「SBI証券」

多彩な注文体系が魅力!マネックス証券

マネックス証券には「逆指値注文」 「ツイン注文」「リバース注文」「連続注文」など様々な注文ができる証券会社です。

特に「リバース注文」は今のところ他の証券会社にはない注文方法です。

リバース注文とは、買い注文を出すと同時に売り注文を出すことが出来るシステムです。

これをうまく使うことで値動きの激しい銘柄にもすぐに対応できます。

自動注文機能により忙しくてもリスクの回避・利益のアップを狙うことができます。

マネックス証券はこちらから↓
新規口座開設ゼロ円投資でニュー!マネックス証券

もっと詳しい記事はこちら↓
多彩な注文ができる!マネックス証券

大正7年から創業!手数料が安い松井証券

証券会社の中で取引手数料が最も安い水準に入る初心者に人気の証券会社です。

株式の現物、信用取引ともに1日の取引額が10万円以下なら手数料無料で取引ができます。

松井証券は、トレーディングツールなどを含め、手数料のほかには目立った特徴はありません。

しかし、これから投資を始めようという初心者の方には、「手数料が安い」というのはとても嬉しい特徴の1つです。

なお、松証証券を利用している方の感想には、問い合わせやサポートが「対応がとても丁寧」という口コミが多いです。

また、投資が初めての方に取引方法やテクニックなどを動画で紹介するサービスもあります。

さらに、口座開設後に取引を開始する現金がキャッシュバックされるキャンペーンなども随時開催しています。

松井証券はこちら↓
業界最低水準の取引手数料!松井証券

もっと詳しい記事はこちら↓
手数料を重視するなら松井証券がオススメ!

1株から取引ができるプチ株が人気!カブドットコム証券

「プチ株」により最低取引単位が10株や100株の銘柄でも1株から取引ができます。

手数料も比較的安く、高機能トレーディングツールも実質無料で利用できます。

株式の取引では、銘柄によって最低取引単位が決められて、基本的にはその単位以下では取引できません。

しかし、カブドットコム証証券の「プチ株」を利用すれば1株から取引ができるので、1万円以下の少額でも取引ができます。

これから取引を始めようと考えている方は、練習も兼ねてまずはプチ株からデビューするという手もあります。

その他、最新の投資情報やセミナーなども随時開催されています。

なお、専用のトレーディングツールについては、1か月間の取引回数が1回以上で利用料が無料になります。

カブドットコム証券はこちら↓
1万円以下で取引ができる!カブドットコム証券

20万円まで無料!岡三オンライン証券

岡三オンライン証券は、1日定額コースの場合、1日の約定代金の合計が20万円まで手数料無料で取引ができます。

手数料については、現物株式だけでなく、FXや先物、CFDなども他社と比べて最も安い水準になっています。

岡三オンライン証券は、手数料が安いということでこれから少額で株を始めてみたいという初心者の方に向いている証券会社です。

なお、シンプルな機能、サービスが多いので、機能面やサービス面を重要視される方には満足できないかもしれません。

トレーディングツールもシンプルな機能が多いので、初心者には手数料の安さもあり使いやすい証券会社だと思います。

岡三オンライン証券はこちら↓
20万円まで無料!岡三オンライン証券

もっと詳しい記事はこちら↓
業界最安水準の格安手数料が魅力!岡三オンライン証券!

20万円まで無料で取引できる!内藤証券

内藤証券も手数料が安い証券会社です。1日定額コースで100万円までが753円という格安手数料で取引が出来ます。

100万円以下で取引をする方には、他の証券会社を利用するよりもかなり手数料が安くなると思われます。

内藤証券では、
・マンスリーレポート
・今週の見通し
・出来高変化率銘柄
・各種チャート
などの国内株投資情報を随時提供してくれます。

また、取引画面では、株価自動更新機能が標準で搭載されています。

気になる銘柄を最大50銘柄まで登録できる「株価ボード」も無料で利用できます。

ほかにも
・銘柄や株数、買付単価を入力することによって損益が一目で確認できる「ポートフォリオ」や
・損益計算、損益分岐点計算、受渡代金計算などの仮計算ができる「計算シミュレーション」
もかなり便利な機能です。

内藤証券はこちら↓
手数料が安い証券会社「内藤証券」

もっと詳しい記事はこちら↓
かざか証券と合併してさらに使いやすい!内藤証券

FXのサービスが充実!トレイダース証券

トレイダース証券には「外国為替証拠金取引(FX)」と「日経225先物・オプション」の2つをメインにしている証券会社です。

外国為替証拠金取引の最大の特徴である「レバレッジ」は、2~3%ですので最大投資資金の50倍の金額まで取引ができます。

通常、証拠金率は2~3%ですが、リスク軽減のため「投資未経験の方」場合は30%が適用されます。

例えば、アメリカドルの場合取引単価は1万ドルからです。

投資未経験の方は、その30%の証拠金(通常2%)が必要になるということです。

トレイダーズ証券の外国為替証拠金取引は、24時間リアルタイムの為替レートで取引をすることができます。

トレイダース証券はこちら↓
FX取引ならトレイダーズ証券で

もっと詳しい記事はこちら↓
先物オプションとFXを2大看板とする証券会社

証券会社の選ぶ基準

利用する証券会社によって、売買手数料や扱っている商品、注文方法、利用できるトレーディングツールなどが異なります。

「売買手数料が安い」会社もあれば、「取り扱っている商品が充実している」会社もあります。

ほかにも「様々な注文方法がある」「サポートが充実している」「トレーディングツールが使いやすい」など。

証券会社によって優れている部分もあれば、ほかの会社より劣っている部分もあったりします。

それぞれの証券会社の優れている点、劣っている点をよく理解した上で、自分の投資スタイルに一番合った証券会社を選ぶようにしましょう。

取引手数料で選ぶ

株の取引を行う際には、売買を行う度に証券会社に指定の手数料を支払います。

売買手数料で証券会社を決める場合は、売買する頻度から最もお得な証券会社を選びます。

例えば、1日に何回もトレードを行う方は、1日の売買手数料が取引回数に関係なく定額になる会社を選びます。

反対に頻繁にトレードをしない方は、1回の取引手数料が安い証券会社を選んだりします。

楽天証券の手数料による取引システム↓

特に頻繁にトレードをする場合は、手数料によって得られる利益がかなり違ってくるので、一番得する証券会社を選ぶ必要があります。

注文方法の種類、取り扱い商品で選ぶ

証券会社によって、扱っている商品の種類や売買する際の注文方法なども異なります。

国内の株式のほか、海外の株式、投資信託、FX、債券など証券会社によって扱っている商品が異なります。

また、少額投資をする場合には、売買単位の1/10で取引ができる『ミニ株』なども扱っているかも重要です。

さらに、売買する際に利用できる注文方法の種類も知っておく必要があります。

注文の種類で選ぶ

基本的な注文方法である「指値注文」や「成行注文」はどの証券会社でも利用できます。

他には「ツイン注文」「リバース注文」「連続注文」などがあります。

特に買い注文を出すと同時に売り注文が出せる「リバース注文」は、マネックス証券にしかない注文方法です。

このように証券会社によって利用できる注文方法も異なります。

取り扱い商品や注文方法の種類なども、どのようなものがあるのかしっかりと調べておく必要があります。

トレーディングツールで選ぶ

「トレーディングツール」とは、実際に株の売買(トレード)を行うためのツールです。

株の売買を行う際には、このトレーディングツールを使って注文を行います。

このツールには、リアルタイムで株価が表示され、板情報やチャート情報、指標からニュースまであらゆる情報を表示してくれます。

トレーディングツールは、証券会社ごとに異なりす。

代表的なトレーディングツール

例えば、松井証券なら『ネットストック・ハイスピード』という口座開設者なら無料で利用できるツールを提供しています。

楽天証券なら20種類以上の分析チャートが利用できる『マーケットスピード』という優秀なツールが利用できます。

このトレーディングツールも完全無料の場合もあれば、月額制など有料になる証券会社もあります。

楽天証券のように3ヶ月間に1回の取引で3ヶ月無料、など一定の条件で無料になる証券会社もあります。

↓楽天証券のマーケットスピード

トレーディングツールの使い勝手は、実際に利用してみないとわからないと思います。

証券会社をみると、ツールについての機能やサービスのほか、初心者向けや上級者向けなど、ツールの特徴を公開しています。

ネット上には、口コミ情報もたくさんあるので、そういった情報を参考にして判断すると良いでしょう。

投資情報によって選ぶ

チャートや株価情報、市況情報などは、ほとんどの証券会社で無料で利用できます。

一方、専門家による分析を見れる「アナリストレポート」のような有料の情報もあります。

情報分析を重視したい場合は、情報提供が多い証券会社や無料で多くの情報を入手できる証券会社を選びましょう。

その他、夜間でも取引ができる証券会社もあります。

いろいろな証券会社を調べて自分の投資スタイルに合った証券会社を選ぶようにしましょう。

場合によっては、メインとサブの証券会社の口座を開設して、複数の証券会社を利用してトレードを行うのも良いと思います。

手数料が安い証券会社で選ぶ

株式投資において売買手数料を抑えることはとても大切です。

特に少額投資をする方には、リスクが少ない代わりにリターンも少ないので、手数料が大きいとせっかくの利益がなくなってしまいます。

証券会社には、初心者の投資家を対象にした証券会社もあれば、予算1,000万円以上の投資家を対象にした証券会社もあります。

それぞれに証券会社ごとに特徴が違いますので、まずは初心者の投資家向けに手数料を格安にしている証券会社を紹介します。

少額投資に最適!松井証券の特徴

「松井証券」は『1日の約定代金の合計が10万円以下なら手数料無料』という、格安手数料が魅力の証券会社です。

手数料が安いので初心者でも始めやすく、特に10万円以下の少額で投資を始める方にはオススメの証券会社です。

1日定額コースについては、ほかの証券会社にもあります。

しかし、10万円以下の取引で手数料が無料というサービスを提供している証券会社は、松井証券だけです。

なお、松井証券の定額コースは、10万円を超えると定額料金がかかります。

30万円までは315円、50万円までは525円の手数料になり、約定代金の合計金額に応じて手数料が上がっていきます。

無料で利用できるトレーディングツール

松井証券では、口座を開設していれば誰でも無料で利用できる『ネットストック・ハイスピード』があります。

リアルタイムで様々な情報が確認でき、注文・約定確認も同時に行うことができます。

さらに、スマホ向けの『株TOUCH』などもあり、どちらも無料で利用できます。

↓松井証券のトレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」

また、松井証券は、銘柄のレポートや株主優遇などが無料で入手できるなど、入手できる情報の種類が多いのも魅力の1つです。

その他、サポート面では、パソコンに慣れていない方には、自宅に訪問してすべて設定してくれる『訪問サービス』なども実施しています。

取引代金による手数料

松井証券の定額手数料は、取引金額が少額の場合は格安になりますが、取引額が上がっていくと手数料が高くなります。

50万円以上になると、楽天証券やSBI証券のほうが割安(50万円まで手数料450円で取引可能)になります。

手数料以外なら、松井証券より優れている証券会社もたくさんあります。

10万円を超える金額で取引をするなら、初心者に最も人気がある「楽天証券」のほうがおススメです。

楽天証券やSBI証券

松井証券以外で手数料を重視した証券会社を選ぶなら、高機能のトレーディングツールが人気の「楽天証券」がオススメです。

楽天証券は、手数料も1日定額コースの場合、合計取引金額が50万円までが450円、100万円までが900円という格安料金で取引ができます。

楽天証券のマーケットスピード

特に、利用者に人気の「マーケットスピード」は、機能が豊富で初心者から上級者まで利用できる万能のトレーディングツールです。

利用料金は、通常3ヶ月3,000円かかりますが、口座開設から3ヶ月は無料で利用できます。

さらに3ヶ月の間に1回でも取引があれば、無料期間がさらに3ヶ月延長されます。

取引をしている限り”実質無料”で利用できる最強のトレーディングツールです。

また、スマホ用には「iSPEED」があり、こちらも同様に無料で利用できます。

SBI証券

その他、手数料が格安の証券会社には「SBI証券」があります。

SBI証券の定額コースでは、10万円までが100円、30万円までが300円、50万円までが450円の格安手数料で取引ができます。

1回の取引ごとに料金が発生するコースを含めて、業界最低水準の格安手数料が魅力の証券会社です。

サービスや機能で選ぶ

証券会社選びでは、売買手数料以外にも様々なサービスや特徴から、自分に合った証券会社を選ぶことができます。

特に少額の投資で多くの銘柄を選択できる『ミニ株』や昼間忙しくて取引ができない方にオススメの『夜間取引』は人気です。

ほかにも、逆指値やツイン指値などの『条件付注文』など、サービスや注文方法から選ぶ方も多いです。

また、投資家向けに開催されているセミナーやアナリストレポートなど、投資家へのサポートが充実している証券会社を選ぶ方法もあります。

「ミニ株」や「夜間取引」

『ミニ株』は、単元株の1/10で取引ができるサービスです

『ミニ株』を利用すれば通常の1/10の予算で取引ができ、少額の予算でより多くの銘柄に投資することができます。

さらに、証券会社によっては、1株から取引ができるサービスを実施している会社もあります。

この場合はミニ株の1/10、1/100の予算で取引することも可能です。

なお、「ミニ株」や「単元未満株」には、売買手数料や取引回数、取引時間、注文方法など通常の取引に比べて様々な制約があります。

この成約も証券会社によって異なるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

利用できる証券会社

①ミニ株利用できる証券会社
ミニ株はマネックス証券や大和証券で利用できます。

また、サービスは合っても証券会社によって利用できる銘柄に制限があります。

マネックス証券は、ほぼすべての上場銘柄で取引ができますが、大和証券では2,000銘柄程度に限定されます。

②単元未満株が利用できる証券会社
オススメはSBI証券の『S株』です。

1株から取引ができ、ミニ株と違って1日2回まで取引が可能です。

その他、野村証券の『まめ株』やカブドットコム証券の『プチ株』などがあります。

夜間取引がある証券会社

夜間取引は、昼間忙しい方でも夜間に取引ができるサービスで、SBI証券の『SBI PTS』が有名です。

夜間取引は実施している証券会社が少なく、以前は楽天証券でも実施していましたが、2012年からサービスを休止しています。

SBI証券の夜間取引は、取引できる銘柄は3,500銘柄程度になりますが、売買手数料は通常のスタンダードプランより5%安くなります。

様々な注文方法が利用できる「マネックス証券」

マネックス証券は、様々な注文方法ができるのが特徴の1つになっている証券会社です。

基本的な「指値注文」「成行注文」に加えて「逆指値注文」や「ツイン指値注文」「連続注文」「リバース注文」など様々な注文方法があります。

マネックス証券では、細かい注文ができるので注文方法を組み合わせることで、より利益が多く損失が少ない取引が実現できます。

マネックス証券を利用するときは、それぞれの注文方法をしっかり理解する必要があります。

どのように組み合わせて使うのかをしっかりシミュレーションすることが大切です。

マネックス証券の主な注文方法

①逆指値注文
通常の指値注文の逆の注文方法で、株価が指定した価格より高くなったら「買い」、安くなったら「売る」注文になります。

②ツイン注文
指値注文と同時に逆指値注文を出すことが出来る注文方法です。

例えば、100円で買った株を130円で売りの指値注文を出し、同時に90円で売りの逆指値注文を出すことができます。

この場合は、購入した株の株価が上昇した場合は、130円までは保有しておきます。

株価が下がった場合は90円で売ることで、利益は130円まで伸ばし、損失はすぐに抑えるような注文(またはその逆)が出せます。

③連続注文
最初の注文が約定したら、自動的に次の注文が出せる注文方法。(例:A銘柄が売れたら、B銘柄を自動注文)

④リバース注文
買い注文と同時に売り注文が出せる(またはその逆)注文方法です。

例えば、A銘柄を100円で注文し、A銘柄が買えたと同時に110円でA銘柄の売り注文を出すような注文。

リバース注文なら株価が上がったら確実に売ることができ、売買タイミングを逃すことがなくなります。

↓「リバース注文」なら、昼間忙しい方でも1日で利益を確定できる

買った株の株価が上昇したら、すぐに売りたいけど、昼間忙しくてずっとパソコンを見ていられない方にオススメです。

その他、マネックス証券では、通常の指値注文や成行注文に様々な価格条件をつけることができます。

これらの注文方法を組み合わせることで、1日中パソコンを見れない方でも、利益を伸ばしてリスクを軽減できる取引ができます。


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>