1/10の価格で取引ができる「ミニ株投資」が魅力の証券会社「ジェット証券」

ジェット証券は、1約定ごとの手数料コースでは、50万円までが420円で、3000万円までが1365円という破格の手数料となっています。

また、ジェット証券には、グリーンシート制度、ファンド、ミニ株投資など特徴のある商品を数多く取り扱っている証券会社です。

※ジェット証券は、2009年にオリックス証券と経営統合し、サービスを終了しました。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

ジェット証券について

国内株式(現物・信用取引)、株式ミニ投資(ミニ株)、外国為替証拠金取引(ジェットFX)、ファンド、グリーンシートなどがあります。

ジェットFXの手数料がオンライン専業証券としては初めて無料になっています(2006年8月~2007年3月まで)

「ファンド(匿名組合)」は、匿名組合員(出資者)が出資した資金を基に、営業者が運用し、生じた利益を分配することを約束した契約形態のことです。

損失額が出資額を超えた場合でも、匿名組合員が出資額を超えて損失の負担をすることはありません。

特徴のあるファンド

ジェット証券では、アニメファンドやアイドルファンド、新人グラビアファンドなどのファンドも取り扱っています。

また、「ファンド(投資信託」もあり、こちらは複数の投資家から集めた資金を運用の専門家が株式や債券などに分散投資し、得られた利益を出資した割合に応じて投資家に還元する商品です。

元本割れのリスクもありますが、少ない資金でもリスクを抑えた分散投資が可能です。

しかも運用を専門家に任せることにより効率的な成果が期待できます。

その他、「グリーンシート制度」は、日本証券業協会が未上場企業のために開設した証券制度です。

将来急成長するかもしれない未公開株式の取引ができます。

株価情報(QUICK)

株式情報「QUICK」は、リアルタイムで株価の動きをチェックできるツールです。

ジェット証券では、自動で株価更新をおこない、常に最新の株価(50銘柄の登録が可能です)を表示させることができる「自動株価ボード」やリアルタイムにマーケット情報(株式・投資信託・ニュース・企業情報等)を知らせてくれるサービスが無料で利用できます。

手数料について

ジェット証券の手数料は、3000万円まで1365円で取引ができるので、高額取引をする方には激安料金となります。

定額コースでも300万円ごとに1575円と、数百万円単位で取引する方にはとても安い料金体系です。

また、ジェット証券では、株初心者向けに「株入門口座」などもあるので初心者のかたでも安心して利用できます。

証券会社はこちら↓
▶ジェット証券(2009年オリックス証券と合併)
FXでは2007年3月まで手数料無料!アイドルファンド・新人グラビアファンドなど特徴のある商品も豊富にあります。


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>