FX取引高7年連続世界一!GMOクリック証券の魅力を紹介

GMOクリック証券は、FXやCFD、債券、バイナリーオプションなど、海外の投資商品に強い証券会社です。

特にFXネオは、取引高で2012年から7年連続で世界NO.1(ファイナンス・マグネイト社調べ)になっています。

狭いスプレッドと高いスワップポイント、使いやすい取引ツールが人気のFXに強い証券会社です。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

GMOクリック証券の特徴は

GMOクリック証券は、外国為替証拠金(FX)やバイナリーオプションで有名な証券会社です。

FXには、取引高7年連続世界一の『FXネオ』のほか、『365クリックFX』の取扱いもあります。

FXのほかにも、1,000円から始められる外為や株による『バイナリーオプション』もオススメです。

GMOクリック証券の魅力

FXの取引高が多い

GMOクリック証券のFX取引高は、2012年から7年連続で世界ナンバー1です。

取引高が多いということは、実際に取引しているトレーダーが多く、それだけ魅力的ということです。

取引コストだけでなく、取引ツールの情報力や分析力、操作性など、魅力的な特長がたくさんあります。

外為と株でBOができる

GMOクリック証券は、取扱い商品が比較的多く、”外国為替”と”株価指数”によるバイナリーオプションも利用できます。

取引金額は、最低1,000円の少額から取引できます。

バイナリーオプションは、上がるか下がるかの二択なので、初心者にもオススメです。

無料でお試し取引ができる

GMOクリック証券では、FXやバイナリーオプションのデモ取引ができる機能があります。

特に初めての方は、いきなり取引をするのは不安だと思います。

「FXに興味があるけど怖くてできない」という方は、まずお試し取引から始めてみるのが良いでしょう。

株式手数料が最安水準

株式についてはあまり有名ではありませんが、取引手数料はかなり安いです。

業界最安水準のSBI証券と比べても、定額コースの50万円以下以外は、すべてGMOクリック証券のほうが安くなっています。

50万円と超えて取引をする方は、GMOクリック証券の格安手数料は魅力的です。

デメリットについて

利用できない商品がある

GMOクリック証券のデメリットには、外国株式や国債、ideco(イデコ)といった商品がないことが挙げられます。

国内株式についても、IPOの取扱いや単元未満株(ミニ株)、PTS(夜間)取引がありません。

利用できない商品も多いので、上記のような商品を取引したい方は他の証券会社を利用しましょう。

投信の取扱い銘柄が少ない

GMOクリック証券は、扱っている投資信託の銘柄数が110本程度しかありません。

業界大手のSBI証券(2,600本)比べると、かなり物足りないかもしれません。

※)上記は2020年2月20日に調査した数です。

FXの取引単位が1万通貨以上

FX取引については、取引単位が”最低1万通貨”というのもデメリットです。

現在は1,000通貨単位以下で取引できる会社も多いので、少額から投資したい方は他社の商品を選んだほうが良いでしょう。

FXネオの特徴は

GMOクリック証券のFXネオは、低コストで快適なトレードができる人気の商品です。

最低水準のスプレッドや高スワップが魅力ですが、現在では他社も同じような水準の取引コストになっています。

そのため、FX業者を選ぶときは、コスト以外の使いやすさが重要になります。

FXネオのトレーディングツール

FXネオには、ヘビーユーザー向けに開発された「はっちゅう君」というツールがあります。

高機能でスピーディーな取引ができるので、取引回数が多いユーザーにオススメです。

また、チャート分析がしたいなら、「プラチナチャートプラス」というツールもあります。

ライトユーザーの方は、操作が簡単で取引画面が見やすい通常版も好評です。

トレーディングツールは、口座を開設していればすべて無料で利用できます。

デモ機能でお試し取引ができる

GMOクリック証券には、取引が初めての方のために無料でお試し取引ができる機能があります

利用できるデモ取引には

  1. FXネオ
  2. 為替オプション
  3. CKD
  4. 株BO(バイナリーオプション)

があります。

取引画面やシステムは、実際に取引をするツールとほとんど同じなので、初めての方はデモ取引から始めることをオススメします。

株式の取引手数料

GMOクリック証券は、株式はあまり有名ではないですが、手数料は業界最安の水準です。

1日定額コースの50万円以下の手数料以外は、SBI証券楽天証券よりも安い手数料で取引ができます。

現物取引の手数料

約定ごとプラン

1日定額プラン

「SBI証券」や「楽天証券」は、定額コースの現物・信用共に50万円以下は手数料無料で利用できます。

50万円以下で何回も取引するなら、手数料無料の証券会社のほうが良いでしょう。

信用取引の手数料

約定ごとプラン

1日定額プラン

※)VIPプランは、信用取引の大口のお客(3,000万円以上の取引をされる方)に適用される特典になります。

GMOクリック証券の主な商品

GMOクリック証券は、2019年4月から為替だけでなく、株価指数でもBOができる商品を開始しました。

株価指数は、「日経平均株価」と「ダウ平均株価」から選択できます。

主な取扱い商品

  • 国内株式
  • 投資信託
  • 先物・オプション
  • FX(FXネオ・365FX)
  • 外為オプション
  • CFD
  • 株価指数バイナリーオプション
  • 債券
  • maneo(貸付型クラウドファンディング)
  • NISA(少額投資非課税制度)

取扱い商品が多いのもGMOクリック証券の魅力の1つです。

maneo(買付仲介業者)を介して資金を企業に貸し付けることで分配金が受け取れる投資商品。新しい資産運用として近年注目を集めています。しかし、maneoの運営会社は不祥事が多く、分配金が滞る恐れがあるので、あまりオススメしません。

GMOクリック証券の記事まとめ

GOMクリック証券は、FXやバイナリーオプションで有名な証券会社です。

特にFXネオは、7年連続で取引高世界一なので、実際にトレードしている方が多いと思います。

手数料は他社とそれほど変わらないので、快適な取引ツールがヘビーユーザーに好評のようです。

デモ取引もできるので、興味のある方はお試し利用で口座を開設しても良いと思います。

FX取引高7年連続世界一!初めての方は「FX口座開設+取引」で最大30,000円キャッシュバック!

在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>