余っている部屋を有効利用できる!旅行者に部屋を貸す人気の副業

近年、日本を訪れる外国人旅行者が急増しており、それに伴い旅行者が泊まる宿泊施設の不足が問題になっています。

そこで注目されているのが、使っていない空き部屋を外国人旅行者に提供する『Airbnb(エアビーアンドビー)』の副業です。

Airbnbは、外国人だけでなく、日本人限定で部屋を貸すこともできます。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

「Airbnb」の基本情報

Airbnbの基本情報

運営会社 Airbnb, Inc.
運営開始 2008年
登録 無料
利用条件 身分証の提出
登録部屋数 600万件
年間宿泊数 4,900万件(2017年の実績)
手数料 ホスト:3~5%
ゲスト:6~12%
アプリ あり

「Airbnb」について

運営会社の基本情報

  1. 会社名:Airbnb, Inc.
  2. 設立:2008年8月
  3. 所在地:サンフランシスコ
  4. 株式:非上場
  5. 従業員数:3,100人(2017年時点)

Airbnbは、アメリカのサンフランシスコに本社がある『Airbnb, Inc.』という会社が運営している宿泊施設の貸し出しサイトです。

2011年に100万、2013年には「世界中で900万の物件がAirbnbによって予約された」そうです。

1日あたりのAirbnb利用者数は200万人!宿泊先は世界191か国に600万件以上あります。

観光客が増加している近年、日本でも多くの方が利用している人気サイトです。

「Airbnb」の特徴について

Airbnbでは、部屋を貸す人を「ホスト」、部屋を借りる人を「ゲスト」と呼びます。

利用するには、まずアカウントを作成し、貸し出す部屋を登録します。

部屋を登録すると、登録した部屋の情報が掲載され、ゲストがいつでも閲覧できるようになります。

なお、利用料金については、部屋を掲載するまでは完全無料です。

宿泊客が料金を払って予約した場合に限り、宿泊代金の3~5%がサービス料として「Airbnb」に支払われます。

安全性について

Airbnbは、世界中で利用されているので、サイトの安全性を心配する方も多いと思います。

Airbnbでは、次のように取り組みで高い安全性を確保しています。

Airbnbの安全性

  1. 安全な決済システム
  2. アカウントの保護
  3. 詐欺対策
  4. 評価システム
  5. ゲスト・ホストの情報チェック

支払は「Airbnb経由」なので安心

Airbnbでは、宿泊料金の支払いは、すべて”Airbnb経由”で行われます。

Airbnb経由で手続きすることで、トラブルが発生した場合も対策や保障を受けることができます。

口座情報を知られることもなく、Airbnbの安全な決済システムが利用できるので安心です。

評価システム

Airbnbでは、ゲストがサービスを利用した後に、お互いを評価するシステムがあります。

そのため、部屋を借りるときは、ホストの評価を確認してから部屋を借りることができます。

また、部屋を貸すかどうかはホストが決められるので、ゲストに不安がある場合は申し込みを却下することもできます。

ゲスト・ホストの照合システム

ゲスト・ホスト問わず全ての方は、登録時に”取引規制”や”テロリスト”などの対象者リストと照合されます。

”犯罪者の方”や”過去に詐欺や不正をした方”などは、利用できないシステムです。

ゲストの方も、部屋を借りる時に身分証の提示が必要なので、身分証が提示できない方は利用できません。

”アカウントの保護”や”詐欺対策”なども実施されているので、高い安全性が保障された中で利用できます。

外国人に部屋を貸す時は

Airbnbは、提供できる部屋があれば、誰でも簡単に副収入を得ることができます。

ただ、外国人を泊める場合は、トラブル回避のために周辺住民やアパートの大家などに、外国人を泊める了承を得ておいたほうが良いです。

騒音や酔って騒いだりなど、周りに迷惑をかける外国人もいるので、事前に周囲の了承を得ておきましょう。

また、部屋の写真や部屋の状態、周辺の情報などは、細かく掲載しておきましょう。

情報が不足していると、クレームになったり、悪い評価が付けられる原因になるので、正確な情報を提供して誠実な対応を心がけましょう。

部屋を貸し出すまでの流れ

ここでは、Airbnbに登録して部屋を貸すまでの流れを簡単に説明します。

報酬獲得までの流れ

  1. アカウント作成
  2. 貸し出す部屋を登録する
  3. 宿泊予約が来る
  4. 報酬発生

アカウント作成

まずは、Airbnbにアクセスして『登録する』からアカウント登録をします。

登録する内容は

  1. 名前
  2. メールアドレス
  3. パスワード
  4. 生年月日

です。最短1分で登録は完了します。

「Facebook」や「Google」のアカウントを持っていれば、そこから登録することもできます。

お部屋の情報を登録する

アカウントを取得したら、『お部屋を掲載』をクリックして貸し出す部屋を登録します。

登録する流れは

  • ステップ1:部屋のタイプやベッド、アメニティなど
  • ステップ2:写真や概要、タイトル
  • ステップ3:予約設定、カレンダー、料金

です。

ステップ1の登録が完了したら、ステップ2、ステップ3と進んでいきます。

ステップ1(部屋の情報)

登録する内容は

  • 建物や部屋のタイプ
  • 宿泊可能人数
  • ベッドのタイプや数
  • バスルームのあり・なし
  • 利用できるアメニティ
  • 共有スペース

など。

すべて選択式なので、当てはまるものをクリックしていけば次に進みます。

ステップ2(写真やタイトル)

部屋の情報を登録したら、部屋の写真やタイトル、部屋の簡単な説明を記入します。

写真やタイトルはとても重要なので、しっかり考えてから登録するようにしましょう。

ステップ3(予約設定、料金)

タイトルや写真を登録したら、宿泊できるカレンダーや1泊の料金を設定します。

宿泊と料金設定が終了したら、部屋の登録は完了です。

部屋の登録が完了すれば、ゲストの方が自由に閲覧できるようになります。

宿泊予約が届く

ゲストは、Airbnbに掲載された部屋の写真や概要を見て、宿泊したい部屋を予約します。

ゲストが予約すると、部屋のホストにメールで連絡が届きます。

ホストは、予約したゲストの情報を確認して、「承認」か「非承認」を選択します。

ホストが予約を承認すると「Airbnb」からゲストの方に、宿泊OKの連絡が届きます。

宿泊を承認したら、ゲストの方にメールで簡単な挨拶をしておきましょう。

報酬発生

宿泊料金は、ホストが宿泊予約を承認すれば、24時間以内にAirbnbからホストに振り込まれます。

ゲストが宿泊したら、お互いを評価してサービス終了です。

貸し出す部屋は、ちょっとアレンジして綺麗にするだけでも人気の物件になります。

常備する設備や朝食などのサービスを充実させれば、多くの宿泊客の予約に繋がりやすくなります。

誠実な対応を心がけよう

宿泊客を増やすには、立地条件や部屋の状態、宿泊料金なども重要ですが、ホストの対応やおもてなしも大切です。

予約の段階ではメールのやりとりがとても重要になりますが、宿泊中のゲストに対する気配りも大切です。

Airbnbには、部屋を利用したゲストが投稿した部屋の『レビュー』が掲載されています。

ホストの対応が悪かったりすると、評価が低いレビューが投稿されてしまいます。

評価が低いとお客が減少してしまうので、星5つもらえるように良い対応を心がけましょう。

ホストの責任について

部屋を貸すホストの副業は、ただ部屋を貸すだけではありません。

ゲストが病気や怪我をした場合の措置、タバコによる火災、お客のプライバシー、駐車の決まりごと、ペットや騒音などの問題。

ホストには、次のようにゲストの方が安全に部屋を利用して、近所にも迷惑がかからないようにする責任があります。

緊急時の対応

ゲストが病気や怪我をした場合に備えて救急箱を用意し、近くの病院もしっかり把握しておくこと。

火災や何かのトラブルがあった場合に備えて、地元の消防や警察の情報、緊急時の連絡先などもしっかり調べておきましょう。

部屋の安全確認

冬に利用するヒーターの安全性を確認したり、部屋の中に危険な場所や物はないかをチェックします。

また、貴重品などがあれば別の場所に移したり、施錠をしっかりするようにしましょう。

周りの迷惑を考えよう

喫煙や駐車、騒音などに対しては近所に迷惑がかかるので、事前にゲストにルールを説明しておきます。

その他、その地域や建物自体にルールがあれば、トラブルになる前にしっかり説明することが必要です。

Airbnbの記事まとめ

Airbnbは、宿泊する部屋を格安料金で利用できる人気サイトです。

部屋を貸すホストとして利用すれば、個人の方でも簡単に収入を得ることができます。

しかし、ゲストによっては、部屋を汚くされたり、部屋の物がなくなるようなトラブルの報告も多いです。

ホスト側も、写真と違って汚い部屋だったり、あるものがなかったりするホストもいます。

Airbnbは、部屋を安く利用できる反面、上記のように様々なデメリットもあります。

メリットとデメリットをしっかり理解すれば、個人の方でもトラブルもなく利用できると思います。

Airbnbの基本情報

運営開始 登録料 掲載部屋数
2008年 無料 600万以上
利用条件 手数料 アプリ
身分証提示 3~12% あり

使っていない部屋を貸して収入を得る!「Airbnb」で簡単副収入!


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>