サラリーマン・主婦の副業に最適!「JOBHUB」のクラウドソーシング

JOBHUB(ジョブハブ)は、ネット上で仕事のやりとりができる在宅ワークマッチングサイトです。

JOBHUBなら自分のライフスタイルに合ったお仕事を選ぶことができます。

子育て中で外出できない主婦の方や副収入が欲しいサラリーマンの副業に最適です。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

JOBHUBの基本情報

JOBHUBの基本情報

運営会社 株式会社パソナJOB HUB
運営開始 2012年8月
登録年齢 18歳以上
システム手数料 クライアント:10%
ワーカー:無料
募集案件 常時10~20件程度
最低支払額 10,000円以上
支払方法 月2回払い(16日と月末)
サイトの信頼性 クラウドソーシング優良事業者の認定

JOBHUBの運営会社について

運営会社の基本情報

  • 会社名:株式会社パソナJOBHUB
  • 設立:2018年4月
  • 資本金:2億円
  • 株式:株式会社パソナグループ100%出資

JOBHUB(ジョブハブ)は「株式会社パソナJOBHUB」という会社が運営しているクラウドソーシングです。

パソナJOBHUBは、パソナグループが100%出資するパソナグループの子会社です。

以前は「株式会社パソナテック」が運営していましたが、事業の分社化のため、2018年4月に株式会社パソナJOBHUBが設立されました。

JOBHUBは、クラウドソーシング協会から『優良事業者認定』を発行されている優良サイトので安心して利用できます。

JOBHUBの特徴は

JOBHUBのメリット

  1. ワーカーはシステム手数料が無料
  2. 仮払いで未払いの心配なし
  3. 評価システムで相手の評価を確認できる
  4. 優良事業者認定サイト

②~④は大手のクラウドソーシングと同じなので、大手のサイトと同じくらい信頼できるサイトです。

一番の注目点は、ワーカーの「システム手数料が無料」であるということです。

システム手数料は、大手のサイトだと10~20%くらい取られるので、無料で利用できるのは大きなメリットです。

逆にデメリットは

JOBHUBのデメリットには

  1. 応募できる案件が少ない
  2. 最低支払額が高い

などが挙げられます。

デメリットの中では、”応募できる案件が少ない”点が大きなデメリットです。

大手の「ランサーズ」や「クラウドワークス」は、常時3,000~6,000件くらいの案件がありますが、JOBHUBは10~20件程度しかありません。

JOBHUBは、手数料はかかりませんが「応募できる案件自体が少ない」というは致命的な欠点があります。

JOBHUBの登録方法

JOBHUBに登録するには、公式サイトにアクセスして『会員登録』をクリックします。

登録方法を「メールアドレス」と「外部ID」から選択して『登録する』をクリックすれば、登録フォームが表示されます。

登録する内容は

  1. メールアドレス
  2. 主な利用方法(仕事を頼む・請ける)
  3. 希望する職種
  4. ユーザーID
  5. パスワード

だけです。

上記内容を記入したら「規約同意」にチェックして『登録する』をクリックすれば完了です。

プロフィールを作成しよう

JOBHUBに登録したら、まず仕事を請けるのに必要なプロフィールを作成します。

作成する内容は「職歴」や「スキル」「希望条件」など。

プロフィールに空欄が多いと、採用される可能性が少なくなるので、なるべく詳しく書くようにしましょう。

また、マイページでは、身分証の提出もできるので、信頼性を高めるためにもエントリー前に提出しておいたほうが良いでしょう。

お仕事のタイプについて

JOBHUBの案件は「エキスパートタイプ」と「コンペタイプ」に分かれています。

それぞれのタイプは、仕事のジャンルや内容、納品方法などによって分類されています。

エキスパートタイプ

エキスパートタイプは、ワーカーが「仕事の実施計画」や「希望する報酬額」などを書いた『案件の見積もり』を提出するタイプです。

クライアントは、ワーカーから提案された見積もりを見て、契約するワーカーを選びます。

選ばれたワーカーは、さらに詳しい内容を打ち合わせして、条件が合えば『正式に契約』となります。

コンペタイプ

コンペタイプは、クライアントの依頼内容に対して、ワーカーが作品を提案するタイプです。

提出された作品の中から、選ばれたワーカーが報酬を貰うことができます。

「会社のロゴ」や「商品のネーミング」など、多くの方の提案を見たい場合に利用されます。

コンペ案件は、何回でも提案できますが、報酬が貰えるのは採用されたワーカーのみです。

報酬の支払いについて

JOBHUBの報酬は「お仕事前に報酬は支払われる『仮払い制』を採用してます。

未払いの心配がなく、安心してお仕事ができるシステムです。

実際の仕事は、クライアントからJOBHUBに報酬が仮払いされたのを確認してから開始します。

仕事が完了したら、JOBHUBに作成された『MY口座』に報酬が振り込まれます。

MY口座の報酬が10,000円以上になると、指定の口座に引き出しが可能になります。

報酬獲得までの流れ

ここでは、JOBHUBの会員登録からお仕事開始、報酬の支払いまでの流れについてタイプ別に説明します。

エキスパートタイプ

  1. エントリーして提案する
  2. 承認される
  3. 正式契約
  4. 仕事開始
  5. 報酬の振り込み
  6. お互いを評価する

①エントリーして提案する

JOBHUBにログインして、仕事をしたい案件にエントリーします。

エントリーした案件は、マイページに表示されるので、そこから『見積もり』を提出します。

②承認される

提案した見積もりが承認されると、クライアントから承認の連絡が届きます。

提案が承認されたら、さらに詳しい内容について打ち合わせを行います。

③正式に契約となる

打ち合わせを重ねて、お互いの条件が折り合った時点で『正式に契約』となります。

契約になったら、クライアントからJOBHUBに報酬が”仮払い”されます。

④仕事を開始する

報酬の支払いを確認したら、提案した作業計画に従って作業を開始します。

仮払いが完了するまで、作業は開始しないほうが良いでしょう。

仕事が完了したら、指定された方法で生成物を納品します。

⑤報酬の振込み

納品した生成物に問題がなければ、お仕事完了となりJOBHUBが預かっていた報酬が振り込まれます。

また、納品後に修正依頼があれば、指定された箇所を修正して再度納品します。

⑥評価する

仕事が完了したらお互いを評価して、お仕事完了です。

評価は継続して仕事を貰うのにとても大切になるので、良い評価が貰えるようにしましょう。

コンペタイプ

  1. 案件にエントリーする
  2. 提案する
  3. 採用される
  4. 正式に納品する
  5. 報酬の振込を確認する
  6. お互いを評価する

コンペタイプは、提案した作品が採用されたら、指定された方法で正式に納品して完了となります。

エキスパートタイプより簡単ですが、提出物が採用されなければ報酬は発生しません。

会員のランクについて

JOBHUBでは、JOBHUBでの活動状況をポイント化した「ランク制度」があります。

ポイントが一定値になると会員ランクが上がるシステムです。

ポイントは、JOBHUBの活動状況に応じて加算されます。

会員ランクは、クライアントがワーカーを選ぶ一つの目安になります。

ランクを上れば、クライアントからお仕事が依頼される可能性が高くなります。

JOBHUBの記事まとめ

JOBHUBは、ワーカーとして利用すれば完全無料で利用できるクラウドソーシングです。

大手のクラウドソーシングだと、10万円以下の案件で20%程度の手数料が取られるので、その点からするとかなりお得なサイトです。

システム的には、大手のサイトとほとんど同じなので、安心してお仕事できます。

ただ、案件自体がとても少ないので、メインとして利用するには難しいでしょう。

それでも手数料が無料なのは、かなり魅力的なので、登録しておいて損はないサイトだと思います。

パソナグループ運営のクラウドソーシング。自宅で空いた時間にできるサラリーマン・主婦の副業に最適です。


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>