ヤフーオークションで副業するために出品のテクニックや役立つツールを紹介

出品した商品が落札された際に、落札者が決済できるようにするために出品登録時に決済方法を登録します。

落札者は、できるだけ手数料が安くなる決済ができる商品を選ぶ傾向があります。

決済方法はできるだけ多く選択できるようにしたほうが入札率アップにつながります。

また、「かんたん決済」や「ネット銀行による支払い」など、よく利用される決済方法は必ず選択できるようにしておくようにしましょう。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

決済方法を増やそう

「Yahooo!かんたん決済」は、落札者が銀行に行かなくても、クレジットカードやネット銀行から落札代金を支払うことができる決済方法です。

銀行に行く手間が省けるだけでなく、振込み手数料がかからないため金銭的にも落札者の負担を減らすことができます。

また、クレジットカード番号や金融機関口座情報を出品者に教える必要がありません。

オークション初心者の方でも安心して決済が行えるシステムです。

かんたん決済の利用には、別途利用料がかかりますが、たいてい振込み手数料にかかる金額より安いです。

そのため、落札者の多くが、ネット上でかんたんに決済が行える「かんたん決済」による支払い方法を選択します。

ちなみに出品者によるかんたん決済の利用は無料です。

持っている銀行・ゆうちょ銀行口座をかんたん決済に登録するだけですぐに利用できます。

かんたん決済のメリット

かんたん決済による落札者・出品者のメリットをまとめると、つぎのようなものが挙げられます。

<落札者のメリット>
・わざわざ銀行に行く手間がかからない
・振込み手数料がかからない
・クレジットカード番号・金融機関口座情報を知られることがない
・Yahooポイントでも決済可能

<出品者のメリット>
・かんたん決済利用料は無料
・持っている銀行・ゆうちょ銀行口座で受け取りが可能
・落札者に口座番号・口座名義人などの情報を知られることがない

出品者によるかんたん決済の登録方法はとても簡単です。

かんたん決済のページにアクセスして、出品者タブから受け取り口座の登録(無料)をクリックし、受け取り口座を登録すれば登録は完了です。

支払い方法に「かんたん決済」を加えることで、落札者の負担が減り、結果的に入札を増やすことにつながります。

Yahooo!ネットバンキング

Yahooo!ネットバンキングは、手数料を安くしたい方、商品到着後に決済をしたい方、匿名配送を希望する方などにおススメの決済方法です。

利用にはジャパンネット銀行の口座が必要です。利用料は落札者・出品者ともに無料です。

落札者の中には、商品到着後の後払いや匿名配送などを希望する方もいます。

Yahooo!ネットバンキングによる支払いもできるようにしておけば、落札者の選択肢も増えるので入札してもらえる機会が多くなります。

Yahooo!ネットバンキングのメリット

<落札者のメリット>
・利用料は無料
・ジャパンネット銀行の口座がなくても利用できる(振込み手数料はかかります)
・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば手数料無料で支払いが可能
・受け取り後決済サービスを利用すれば、個人情報を知られずに商品が受け取れる
・ジャパンネット銀行の口座維持手数料189円→無料
・Yahooo!ポイントが利用できる

<出品者のメリット>
・利用料は無料
・ジャパンネット銀行の口座維持手数料189円→無料
・取引ごとに使えるワンタイム口座で口座番号を落札者に知らせる必要がない
・受け取り後決済サービスで個人情報を知られずに商品が送れる

反対にYahooo!ネットバンキングのデメリットとしては、利用するのにジャパンネット銀行の口座が必要なことが挙げられます。

Yahooo!ネットバンキングは、落札代金の後払いができたり、振込み手数料が無料になるなどの利点があります。

しかし、ジャパンネット銀行の口座が必要で、後払いや匿名配送などを希望する落札者も少ないため、利用者はそれほど多くはありません。

Yahooo!ネットバンキングが利用していない出品者も多いですが、匿名配送や後払いを希望する落札者もいます。

決済方法の選択肢の1つとして登録しておくのもいいと思います。

Yahooo!ネットバンキングは、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば「Yahooo!ネットバンキングに登録」ボタンをクリックして、口座番号を登録するだけで利用できます。

ジャパンネット銀行の口座を持っていなければ、口座開設手続き完了後に登録という形になります。

その他の決済方法を登録

落札者の中には、クレジットカードやネット銀行を持っていない方もいるので、そのような方のために銀行でも取引も可能にしておきます。

選択できる金融機関は多いほうがいいですが、主要ネット銀行は、できるだけ開設しておいて落札者の決済時に選択できるようにしておきましょう。

振込み手数料が安く、ネット取引で利用することが多い「楽天銀行」や「ジャパンネット銀行」がオススメです。

落札者がお得になる配送方法

落札商品を落札者の元に送る際にかかる送料は、基本的に落札者負担となります。

そのため、落札者は同じ商品ならできるだけ送料が安い配送方法が選択できる商品に入札します。

できるだけ安い配送方法を選択できる出品者が落札者にとってよい出品者となります。

落札者にとってお得になる配送方法は、送料を調べられるサイトでチェックするようにしましょう。

「送料の虎」で発送方法、送料をチェックする

「送料の虎」は、発送する商品の大きさと重量、発送地域から送料をかんたんに調べることができる宅配便サービス比較サイトです。

自分の出品する商品について、「お得な発送方法はどれか」「送料はいくらか」などを簡単に調べることができます。

サービスを利用するのに会員登録などは特に必要ありません。

サイトトップの「宅配便料金」タブから発送する商品の3辺の大きさ、重さ、差出地、宛先地などを入力します。

希望する発送方法にチェックを入れて検索ボタンをクリックすれば、発送方法に応じた送料の一覧が表示されます。

また、「送料の虎」では、ヤフオクで使える「ゆうパックの料金表」を作成することもできます。

同じ商品なら送料が安い商品を選ぶのは当然のことです。

一覧表があれば落札者は安心して入札することができます。

「ゆうパックの料金表」を作成するには、サイト下部にある「ゆうパックの料金作成はコチラ」をクリックして作成ページにジャンプします。

作成ページで商品の大きさ、重量、発送地点、デザインなどを選択して「プレビュー/HTML出力」をクリックすればHTMLタグが作成されます。

作成されたタグをヤフオクの商品紹介部分にに貼り付ければ、ゆうパック料金一覧表が表示されます。

ヤフオク出品テンプレートの作成

「送料の虎」では、他にもヤフオクで使える商品説明テンプレートを作成することもできます。

送料の虎のテンプレートを利用すれば、特に送料については落札者にわかりやすい商品説明を作成することができると思います。

テンプレートを作成するには、「出品テンプレートタブ」からヤフオクを選択します。

それから、出品カテゴリや商品の詳細、支払い詳細、発送詳細の項目で利用するものにチェックを入れて「プレビュー/HTML出力」ボタンをクリックするだけです。

ヤフオクで簡単に商品説明欄を作成できます。

商品情報の説明ツールには、他にも「オークションプレートメーカー2」などもあります。

デザイン性やわかりやすさなどを考慮して、好きなものを使えばよいでしょう。

出品登録について

お得な決済方法、発送方法などの出品のための準備ができたら、いよいよ出品登録を行います。

出品登録は、ヤフオクトップの「出品する」をクリックして、出品する商品のカテゴリを登録するところから始めます。

出品登録は、商品が売れるかどうかを決めるてとても重要な手続きですので、入力ミスがないように注意して登録するようにしましょう。

出品時に登録する項目について

出品登録は、まずカテゴリの登録からはじめます。

カテゴリを間違えると「入札がまったく無い」ということにもなりかねません。

登録時には入力ミスをしないように注意して登録します。

カテゴリを選択して「出品する」ボタンをクリックすると、詳細登録画面に移行します。

出品時に登録する項目は次の通りです。

①タイトル
出品する商品のタイトルを入力します。

②商品説明
出品する商品の説明文を記入します。

なお、商品の説明欄ではテンプレートを使うこともできます。

③開始価格
オークション開始時の価格を設定します。

④開催期間
オークションの開催期間を設定します。

⑤商品発送地域
商品を発送する地域を記入します。

⑥送料負担
送料を落札者が負担するか、出品者が負担するかを選択します。

落札者負担が一般的です。

⑦代金先払い、後払い
落札代金の支払い時期を決めます。代金は先払いが一般的です。

⑧決済方法
落札者が選択できる決済方法を入力します。

対応決済方法は、できるだけ多いほうが入札されやすくなります。

⑨商品の状態
商品が新品か中古か、開封してあるが未使用など

⑩返品の可否
返品可能かどうか。追記(備考欄)で「不良品の場合のみ対応」などの返品条件を入力しておくとよいでしょう。

⑪画像のアップロード
商品の画像を添付します。添付できる画像は最大3枚までとなります。

⑫取引オプション(無料)
自動延長や即決価格などのオプションの設定です。

⑬PRオプション(有料)
有料で使えるオプションです。太字や背景色、注目のオークションなど有料で出品した商品を目立たせることができます。

ここからは、出品時に登録する項目①~⑬について注意すべき点や入札を増やす効果的な登録方法などを順次紹介していきます。

検索にヒットするタイトルをつけよう

出品登録でまず最初に考えるのが①の出品する商品のタイトルです。

入札者が商品を探すときは、たいてい商品名などのキーワードを入力する「キーワード検索」にて商品を探します。

キーワード検索でヒットするのは、商品の説明などではなく、「タイトルに含まれる文字」です。

そのため、検索にヒットするタイトルはとても重要な作業になります。

タイトルに登録する項目として一例を挙げるとすると・・・
・商品名
・メーカー
・型番
・色・サイズ
・新品・中古
・非売品
・未使用・未開封
・送料無料・割引
・おまけ付
などでしょうか。

どのようなタイトルにするかは、同じジャンルで出品されている類似商品を見て参考すればいいと思います。

また、AC-Factoryの「いきなり達人タイトルメーカー」なら、初回版や限定品、入手困難、レア商品などオークションでよく使われる効果的なタイトルを教えてくれます。

タイトルの作成に迷った場合に多少参考になるかと思われます。

タイトルを作成するのに注意する点は、漢字の間違いなどの入力ミスです。

例えば、「ネットで儲かる・・・の本」というタイトルの本を出品するのに、「ネットで設かる・・・本」などように間違えると入札に大きく影響します。

このような入力ミスをする出品者も結構多いので、タイトルを付ける時は間違ったタイトルを付けないように注意しましょう。

商品説明を充実させる

タイトルの次に重要なものが出品する商品の説明です。

説明文はできるだけ見やすく、わかりやすい説明を心がけましょう。

改行もなく、だらだらと長い文章を書くようなことはよくありません。

入札者に必要な情報(メーカー・型番・サイズ・商品の状態・付属品など)を要点をまとめて簡潔に描きます。

加えて商品の売りやキャッチコピーなど、商品の価値をしっかりアピールしましょう。

商品説明で必要な項目は

商品の説明に必要な項目は、出品する商品によってかなり異なります。

メーカーのサイトや説明書や箱などがある場合は、それらに記載されているものを書いておけば良いでしょう。

また、メーカーサイトの商品ページがある場合は、商品のリンクを貼っておいて「詳細はこちらでご確認ください」などの記載をしておけばわかりやすいと思います。

商品説明で必要な共通の項目

【商品名・メーカー名】
正確な商品名・メーカー名を記入します。

メーカーに商品の詳細ページなどがある場合は、リンクを付けておけば入札者にわかりやすくなります。

【品番・型式】
似た商品の場合、商品の型式などで調べる方もいるのでわかる場合は記入しておきます。

【商品の仕様】
商品の説明書や、メーカーのサイトなどを参考に商品の仕様を簡潔に説明しておきます。

【サイズ・重量】
商品の大きさや重量など。

【素材】
服やバックなどは素材が重要な商品は、何でできているかを記入しておきます。

【商品の状態】
新品、未使用、中古など。特にキズや汚れなどがある商品は、キズや汚れの具合を写真と文章でしっかり説明しておきます。

【付属品の有無】
パソコンやテレビなど、付属品があるものはすべて記入しておきます。

また、紛失などで付属品がない場合は、その旨をしっかり説明しておきます。

【売り・キャッチコピー】
商品のキャッチコピーや、ただ安いだけでなく、商品の売りになる部分をアピールすればより効果的です。

「今、売れてる人気の商品」「初回限定プレミア商品」「キズありのため激安価格」など。

そのほか、あらかじめ考えられるトラブルがあれば、その対処法について「注意事項」として記載しておきます。

発送の事故や不良品のトラブル、返品の可否、ノークレーム・ノーリターンなど。

商品説明作成ツールを使おう!

商品説明は、キレイで入札者に見やすく作成することが理想です。

しかし、「なかなかうまく作れない」という方には、無料ツールを使って、見やすくて綺麗な商品説明を作成することもできます。

無料で使える商品作成ツールは幾つかあります。

ここでは、初心者でも簡単に見やすい、綺麗な商品説明ページを作ることができる「オークションプレートメーカー2」を紹介します。

オークションプレートメーカー2

ソフトをインストールする必要がなく、パソコンが苦手な方でも簡単に見やすい・綺麗な商品説明ページを作れる無料ツールです。

約2,000種類のテンプレート(デザイン)が用意されています。

「かわいい商品説明」「見やすい商品説明」など、用途に合わせて好きなデザインを選ぶことができます。

使い方はとっても簡単。

まず、サムネイル画像から使いたいテンプレートを選びます。

次に選択したテンプレートの色やパターンを選び、「作成ページへGo!」をクリックします。

作成ページへジャンプしたら、タイトルやメッセージなどの文章を入力します。

文章の記入が終わったら「☆作成☆」ボタンをクリックし、プレビュー画面で確認します。

問題なければ、作成結果に表示されたHTMLタグをコピーし、ヤフオクのHTMLタグ入力モードでそのまま貼り付ければ完了です。

簡単に見やすい、綺麗なページを作ることができます。

出品価格や期間を設定しよう

商品のタイトル・商品説明の後は、商品の出品時の開始価格を設定します。

開始価格は、低すぎると損をする(安く落札される)可能性が高くなり、高すぎると「入札がまったくない」という事態になってしまいます。

出品する商品の相場を調べて、類似商品がどのくらいの価格で出品されているかをチェックしておきましょう。

出品する商品の開始価格を設定する

出品する商品の開始価格に迷った場合は、落札相場や底値を統計サイトでチェックしましょう。

類似商品がどのくらいの価格で落札されているかを参考に、適正価格を設定します。

また、「1円オークション」を利用して入札者を増やし、人気商品に見せる方法もあります。

1円からオークションをスタートすることで入札者が増えます。

入札者が増えることで人気商品だと思われて、さらに多くの入札者が期待できるというものです。

「1円オークション」は、入札者を増やし、人気商品に見せて落札価格を引き上げるメリットがあります。

その逆に1円で落札されるリスクも覚悟する必要があります。

なお、落札相場については、「オークファン」で落札相場や統計データを簡単にチェックすることができます。

オークファンで相場を確認

オークファンにアクセスして、「詳細検索へ」をクリックします。

詳細検索ページの「落札相場」タブから商品名やカテゴリ、落札時期などを入力します。

「検索」ボタンをクリックすると過去30日~落札された商品の一覧が表示されます。

さらに、「統計データ」からは、出品数や平均落札価格、落札率などを確認できます。

オークション開催期間の設定

オークションの落札価格は、オークション終了間際にどれだけ多くの入札があるかで大きく変動します。

そのため、オークションの終了時間は、平日や昼間より終了時間に多くのアクセスが見込める時間にすることが大切です。

例えば、土日の21~24時など、オークション参加者の多い時間帯です。

開催期間について

ヤフオクの出品期間は、最短1日~最長7日まで設定することができます。

オークションの出品期間は、長く出品したからといって入札数が増えるとは限りません。

「長い時間出品すれば入札数が増える」と思って最長の7日に設定する方が多いです。

入札はオークション終了間際に急増します。

人気の商品ほど終了時間が近づくにつれて入札が多くなっていきます。

そのため、残り時間が4日とか5日もある商品にいくら入札しても意味がないのです。

入札者も結局終了間際に入札したほうが効率が良いのです。

出品期間を長くしても意味がない

要するに、出品期間を最長にしても、入札が入るのは残り時間が1~2日程度になってからのため「残りの5~6日間はあまり意味のない期間になってしまう」ということです。

「出品商品が少ない」とか「レアな商品を出品する」などの場合は、「出品期間を長くして多くの人に見てもらう」でもいいと思います。

多くの商品を出品して稼ごうとする場合、出品期間を短くして出品回数を増やすほうが、効率的に稼ぐことができるようになります。

特にネットオークションで副業するなら、出品期間を1~2日と短くしてたくさん出品したほうが落札率が上がり効率的に稼げます。

写真で見栄えを良くする

実際に商品を見ることができないネットオークションでは、写真はとても重要な要素になります。

入札者は掲載してある写真から商品の良さをイメージし、評価します。

そのため、写真がないと、入札者は商品の状態をイメージできないので、入札に抵抗を感じてしまいます。

オークション参加者に安心して入札してもらうためにも、1枚でもよいので写真はしっかり掲載しておきましょう。

写真撮影のポイント

ここでは、商品をアピールする写真撮影のポイントについて紹介まします。

商品の良さをしっかりアピールするのと同時に、商品にキズなどがあればその程度を写真でしっかり伝えるようにしましょう。

使用できる画像サイズ

ヤフオクで使用できる画像サイズは、1枚1MBまでになっています。

ファイル形式は、JPEGもしくはGIF形式です。

画像の高さ・幅は600×600ピクセルまで(600ピクセル以上の画像をアップすると自動で圧縮されます)。

写真は合計3枚まで掲載できます。

【掲載画像サイズ】
・枚数:3枚
・容量:1枚1MB
・ファイル形式:JPEGまたはGIF
・画像サイズ:600×600ピクセル以内
・縦横比:高さ:幅=3:4

また、縦横比はによっては余白が多くなってしまうので注意しましょう。

3つの写真の使い分け

商品は全部で3つまでアップできます。

1枚目に商品の全体がわかる写真を、2枚目と3枚目に細かい部分の補足写真、というのが一般的です。

例えば、1枚目に全体の写真を、2枚目に側面あるいは後ろから見たの写真を、3枚目に見にくい箇所の拡大写真など。

また、商品にキズなどがある場合は、キズの具合がしっかりわかるように、その部分の拡大写真を掲載します。

商品のアピールポイントをしっかり撮影する

商品の売りがある場合はその部分をしっかり撮影します。

例えば、限定商品でナンバーが入っているとか、ブランドのロゴ、デザインなど。

アピールしたい箇所は、入札者にしっかりわかるように撮影しましょう。

光を調整して綺麗に見せる

商品に当たる光によって見え方が大きく変わります。

基本的にフラッシュは使わないほうがいいでしょう。できるだけ均等に光が当たる環境で撮影するようにしましょう。

また、商品がしっかりわかるように撮影する商品の背景には、「商品以外のものが移っていない」状態にするのがベストです。

自作撮影キッドで綺麗に撮る

写真を綺麗に撮るには、背景や光の具合を調整をする必要があります。

撮影用のキットは、1万円程度で購入することもできますが、自分で簡単に作ることができます。

自作撮影キットの材料

①ダンボール
商品の大きさに応じた大きさのダンボールを用意します。

②紙や布
背景をすっきりさせるために使用します。

色は白が一般的ですが、商品がきれいに見えるほかの色を使用してもOKです。

③アルミホイル
光を拡散して均等に当てるために使用します。

④トレーシングペーパー
太陽の光や電灯の光が強すぎる場合などは、トレーシングペーパーで余計な光を遮断します。

自作撮影キットの作り方

①段ボールの天井部分と入り口部分を切ります。
②ダンボールの内側に紙または布を貼ります。
③さらにアルミホイルを巻き、光を調整します。
④光が強すぎる場合は、上面にトレーシングペーパーをかぶせます。

【綺麗な写真を撮るポイント】
□背景に余計なものを写さない
□光をまんべんなく当てる

撮影キットは、上記の撮影ポイントを整えるために利用します。


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>