中学生や高校生でも稼げる!人気のライブ配信アプリを紹介

ライブ配信アプリは、スマホがあれば誰でも自由に配信できる人気ツールです。

配信方法は、スマホにアプリをインストールするだけ。

無料アプリなら、ほとんどが12歳以上くらいから利用できるので、中学生や高校生でも稼ぐことができます。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

有名なライブ配信アプリ

ライブ配信アプリには、有料で利用するアプリと無料で利用できるアプリがあります。

有料のアプリは、利用年齢が18歳以上の場合がほとんどで、アダルト的なサービスがあるアプリも多いです。

一方、無料で利用できるアプリは、未成年でも利用できる場合がほとんどなので、アダルト的な配信に対してはとても厳しくなっています。

ここでは、無料で利用できるタイプのライブ配信アプリについて紹介しています。

17(イチナナ)LIVE

✔ 国内シェアNO.1の超人気アプリ
✔ 公式ライバーが多数在籍
✔ 投げ銭の還元率は13~30%程度

17(イチナナ)は、台湾で誕生した国内シェアNO.1の人気アプリです。

公式に契約している有名ライバーが多く在籍していることが人気になっています。

利用者数が多いので、人気が出れば爆発的に稼ぐことができますが、ライバーの数も多いので、人気ライバーになるのも難しいと思います。

投げ銭の還元率は一般的に50%と言われていますが、それは正式に契約している公式ライバーの場合です。

未契約の一般ライバーだと最低で13%、人気ライバーでも30%程度しか貰えないようです。

Pococha(ポコチャ)

✔ 大手有名企業”DeNA”が運営する新しいアプリ
✔ ライバーの数が少ないので、新規参入にオススメ
✔ 報酬はライバーのランクによってアップ

モバイルゲームやプロ野球で有名な”DeNA”が運営しているライブ配信アプリ。

Pococha(ポコチャ)には、投げ銭のようなシステムはありませんが、配信時間に応じた報酬が貰えます。

貰える報酬は、ライバーのランクによって異なり、人気ライバーになるほどランクが上がっていきます。

Pocochaは、2017年1月にサービスを開始したばかりなので、ライバーの数もまだ少なく、新規ライバーにもオススメです。

ふわっち

✔ 投げ銭の報酬率が50%
✔ 自動でコメントを読み上げてくれる
✔ マルチ配信対応

ふわっちは、2015年に「株式会社A Inc.」が開始したライブ配信アプリです。

ここは投げ銭の還元率が50%になっているので、ほかのアプリより多くの報酬を貰うことができます。

”マルチ配信”やコメントの”自動読み上げ機能”もあるので、ライバーには稼ぎやすくなっています。

ただ、すでに有名なライバーが多く配信しているので、かなりのビジュアルがないと有名になるのは難しいかもしれません。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

✔ 最大9人のマルチ配信対応
✔ 全世界で2憶人のユーザーがいる
✔ 投げ銭の還元率は13~30%程度

BIGO LIVE(ビゴライブ)は、シンガポール発のライブチャットアプリです。

東南アジアを中心に人気があり、ユーザーは世界中に2億人もいるそうです。

ここには、マルチ配信やゲーム配信の機能もあります。

ライバーの報酬は、視聴者からの投げ銭がメインで、換金率は一般ライバーだと13~30%程度です。

日本では利用者がまだ少ないので、BIGO LIVEでデビューすればすぐに有名になれるかもしれません。

LiveMe(ライブミー)

✔ 海外で人気のライブ配信アプリ
✔ 笑顔フィルターで可愛く配信できる
✔ 1:1で内緒トークができる

LiveMeは、全世界85か国以上で利用されているライブ配信アプリです。

日本では、”17Live”や”Pococha”のほうが有名ですが、ユーザー数は全世界で1億人を突破しているようです。

17Liveと同じく、投げ銭やイベントが収入になりますが、日本での配信者はそれほど多くありません。

海外で人気があるアプリなので、英語が話せると海外のリスナーも増えて収入アップになるかもしれません。

Mirrativ(ミラティブ)

✔ 配信はゲーム配信がほとんど
✔ アバターを使って配信できる
✔ 投げ銭の還元率は20~35%程度

Mirrativ(ミラティブ)は、2019年あたりから急速に伸びつつあるライブ配信アプリです。

配信のほとんどがゲーム実況になっていて、アバターを使って配信できるのが特徴です。

Mirrativで配信すれば、現金に交換できるオーブが貰えます。

オーブは、視聴者からの投げ銭や視聴回数、コメント数などに変わり、還元率は20~35%程度です。

アバターを使ってバーチャル配信ができるので、顔に自信のない方でも参加しやすくなっています。

DokiDoki Live(ドキドキライブ)

✔ 投げ銭の還元率は30%程度
✔ ライブ配信のほか動画投稿も可能
✔ カラオケ機能も使える

DokiDoki Liveは、2016年にサービスを開始したライブ配信アプリです。

カラオケ機能”や”ファミリーチャット”など、独自のサービスが人気になっています。

投げ銭の還元率は30%程度なので、ライブ配信アプリの中では比較的高い還元率です。

ライブだけでなく、動画を編集して投稿できる機能もあるので、編集した動画を投稿したい方にもオススメです。

アプリをインストールすれば、誰でも無料で利用できます。

SHOWROOM(ショールーム)

✔ 有名人の生配信が無料で見れる
✔ イベント参加で有名になるチャンスも
✔ ギフトの還元率は20~30%程度

SHOWROOMは、2013年からサービスを開始しているライブ配信アプリです。

サービス当初から、AKB48のメンバーやお笑い芸人などが配信していて、無料で有名人のライブが見れるアプリとして人気になっていました。

また、配信者の方は視聴者からギフトを貰うことで収入を得ることができます。

還元率は、未契約のフリーライバーだと20~30%程度、契約すれば35%程度になるようです。

イベントに参加すれば、芸能関係の仕事に直結することもあるので、有名になりたい方にオススメです。

LINE LIVE(ラインライブ)

✔ 利用ユーザーが多い
✔ 公式アカウントが多く、注目されにくい
✔ スコアに応じたボーナス(約20%還元)

LINE LIVE(ラインライブ)は、コミュニケーションアプリで有名な”LINE”が開始したライブ配信アプリです。

パソコンとスマホで配信を見ることができて、LINEで登録した公式アカウント専用の番組を見ることもできます。

LINE LIVEでは、ほかのアプリのように「投げ銭を換金して稼ぐ」というシンプルなシステムではありません。

視聴者からのギフトを含め、ハートやコメントなどを貰うことで獲得スコアが増えていきます。

スコアの計算方法は非公開ですが、スコアの値に応じたボーナスが支払われるシステムです。

利用者は多いですが、公式アカウントが多いので、ここで有名になるのは難しいかもしれません。

Hakuna Live(ハクナライブ)

✔ ギフトの還元率が驚異の82~100%
✔ 顔出しなしの配信も多い
✔ ゲストライブで視聴者も参加できる

Hakuna Liveは、2019年7月に日本で始まったばかりの新しいライブ配信アプリです。

ここは、ギフトの換金率が82~100%とほかと比べて非常に高いのが魅力になっています。

また、視聴者がライブに参加できる「ゲストライブ機能」によって、一人でライブするより盛り上がりやすくできます。

顔出しなしの「ラジオ配信」をしている方も多いので、顔を出したくない方でも気軽に配信できます。


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>