なかなか貯金ができないという方に!先取り貯金で賢く確実に貯めよう

「お金を貯めようと思っているのに使ってしまう」「給料日前になると毎回お金がなくて焦っている」「手取りは多いのに何故か生活がカツカツになる」など、貯金したいと思っているけど、なかなか思うように貯められないという方。

貯金ができない原因の多くが、給料(収入)から毎月の生活費を引いて「余ったお金を貯金に回せばいい」という考え方があります。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

先取り貯金”で賢く確実に貯めよう

「余ったお金を貯金すればいい」という考え方では、生活費が増えた月は貯金ができないということになり、なかなか貯金できない状況に陥ります。

そこで、毎月決まった額を先に貯金に回してしまう”先取り貯金”を利用して賢く確実に貯金しましょう。

貯金ができる人の特徴は

たくさん貯金ができている方の多くが、まず、取り扱い口座をいくつかに分けて開設します。

例えば、生活費を捻出する口座、投資用の口座、貯蓄用の口座など、用途ごとに分けて運用します。

そして、貯金用の口座には一切触ないようにして毎月確実に貯金しています。

さらに、貯金用の口座には毎月の給料から、設定した貯金額を先に貯金用の口座に移してしまう”先取り貯金”を実施します。

生活費は、毎月の給料から貯金額(+投資額)を引いたお金でやりくりするため、毎月確実に貯金ができていきます。

貯金ができない人は

一方、貯金が出来ていない方の特徴として、給料から生活費を引いて余ったお金を貯金しようとする考え方の人がほとんどです。

この方法だと、固定費以外の食費やお小遣い(交際費や娯楽費など)が足りなくなったらあるだけ使ってしまいます。

それにより、なかなか思うように貯まっていかないのです。

「手取りが少なくないのに貯金が思うように出来ていない」という方の多くは、このように「余ったお金を貯金に回そう」という考え方のため、ついつい使ってしまうことになるのです。

「給料ー生活費=貯金」という考え方から、「給料ー貯金=生活費」という考え方に変えることが貯金が出来る人になるための第一歩です。

先取り貯金の方法は

先取り貯金の方法もいろいろありますが、

①会社からもらう給料の一定額を天引きして貯金していく「財形貯蓄」や

②毎月一定額を貯金する「自動積立の定期預金」

などが一般的です。

財形貯蓄

財形貯蓄は、会社にその制度がないと利用できませんが、強制的に給料から天引きされるので、確実に貯金ができます。

また、解約についても手数料はかかりますが、いつでも払い戻しが出来るので病気などの万が一の場合にも安心です。

なお、このようなサービスを利用せず、自分で給料日に貯金用の口座に移すやり方でも構いません。

自動積立定期預金

一方、銀行や信用金庫などで利用できる「自動積立の定期預金」も同様の先取り貯金が可能です。

こちらも途中での解約の場合は、同様に手数料がかかりますが、いつでも解約できるので万一の場合でも安心です。

しかし、確実に貯めるためには、強制的に貯金できるような方法を取るのが効果的です。

貯金ができないなら強制的に貯めよう!

貯金したお金はもともとなかったものとして、残りで生活するやり方が一番確実に貯金ができる方法です。

先取り貯金を成功させるコツは、貯金するお金を初めからなかったと思うことです。

例えば、手取り20万で毎月5万円貯金したい場合は、手取りが最初から15万円しかないと考えることです。

最初から生活費が15万円しかないと考えれば、自然と15万円でできる生活をするようになります。

そうすれば、毎月5万円、年間60万円確実に貯金できるようになります。


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>