専用の機械で車のナンバーを読み取るだけ!交通量調査のアルバイト

車の交通量を調査するアルバイト

交通量を調査するアルバイトは、専用の機械を使ってその場所の交通量を調査するお仕事です。

調査は様々な場所で実施されていて、通った車の台数を調べることで、交通量の度合いを調べることができます。

[PR] Tele Job(テレジョブ)
時給3,000円以上!在宅テレフォンレディ大募集!

交通量調査のアルバイトについて

交通量の調査員の仕事について

調査員のバイトでは、用意された機械を使えば、車のナンバーを読み取るだけで、普通車・大型車など自動的に区別してくれます。

この機械を走っている車に向けるだけで、車の種類や台数を調査することができます。

交通量調査のアルバイトは、この機械を使ってひたすら通った車をカウントしていくお仕事になります。

交通量調査員の作業内容

交通量調査員の仕事内容は

調査員の仕事内容は、機械を使って通過した車のナンバーを読み取っていくだけの簡単な作業です。

作業自体はとても簡単ですが、長時間労働になることが多く、中には24時間を超える場合もあります。

一般的には、12~24時間くらいの労働時間になり、たいてい3時間ごとに1時間休憩があったりします。

なので、12時間労働の場合でも、実働時間は9~10時間程度です。

場所や季節によって作業が大変になることも

場合によっては作業が大変になることも

調査員のアルバイトは、長時間ひたすら同じ作業をするので、きついと感じる方も多いです。

特に交通量が多い場所では、排ガスが多くなり空気が悪い状態で作業することになります。

また、夏の暑さ、冬の寒さに加え、雨が降ったりした場合など、季節や天候によってもかなり大変になることがあります。

作業がキツくなる状況は

  • 真冬の夜間に作業をする場合
  • 真夏の日中に作業する場合
  • 空気が悪い場所で作業する場合
  • 雨や雪など悪天候で作業する場合

マスクなどは支給してくれますが、暑さ対策や寒さ対策は自分でしっかり準備しておいたほうが良いです。

交通調査員のバイトは調査する場所や時期によって苛酷になる場合があります。

短期間のバイトなら春や秋などのやさしい季節に応募したほうが良いでしょう。

交通調査員の給料は

調査員バイトの給料

調査員の給料は、12時間労働(実働8~9日時間)で日給1~1.2万、24時間労働で2~2.4万円くらいです。

時給はそれほど高くありませんが、12時間を超える場合も多いので、貰える日給はかなり高くなります。

仕事自体は簡単ですが、特徴として

  • 長時間労働になること
  • ひたすら同じ作業をすること
  • 交通量によって空気が悪くなること
  • 季節や天候によって仕事が大変になること

などがあります。

調査員のアルバイト記事のまとめ

調査員バイトのまとめ記事

調査員のアルバイトは、作業が簡単な代わりに、排ガスの問題や時期、天候による問題があります。

また、仕事の特徴から労働時間が長時間になることも多くなります。

悪条件の対策について

排ガスについては、マスクをすればある程度防ぐことができます。

季節や天候についても、穏やかな季節に応募をすればそれほど問題ではありません。

あとは「長時間同じ作業をすること」に耐えられるかどうかです。

これについても、いろいろ対策はあると思うので、自分に合った対策を考えて作業すれば解決できるかもしれません。

調査員の求人は、アルバイト求人誌や、ネットの求人サイトを探せば簡単に見つかるかと思います。

この仕事については、向き不向きがあると思うので、興味がある方は応募してみて下さい。


在宅テレフォンレディ募集!テレジョブ

在宅メールレディ大募集!お稼ぎ.com
<広告スペース>