在宅ワーク副業夢の不労所得を得る/お金をかけず店舗オーナーになる
「店舗オーナー」とは、バーやカフェなどの飲食店やマッサージ店など、自分で好きなお店を持つことができ、お店の運営を店長にすべて任せれば、何もしないでお店の売り上げが毎月自分の懐に入ってくる、という夢の不労所得です。

店舗オーナーの報酬は、お店の売り上げからお店の家賃や人件費などの諸経費を引いた分の利益が不労所得になります。

店舗オーナーは、何もしないでお金が入ってくるという点では、不動産大家と同じ夢の副業と言えます。

店舗オーナーになるには

お店を持つというと、「その道で何年も修行してやっとお店を任せてもらえる」、というとても大変なイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実は店舗オーナーは、お店を買い取るだけで簡単に好きなお店を持つことができる、誰でもできる副業です。

お店さえ持てれば、経営などの経験がまったくない素人でも、店長にお店の運営をすべて任せれば、誰でも店舗オーナーになることができます。

サラリーマンをしながら副業としてやれば、”会社の給与”と”不労所得”のダブルの収入が得られます。

お金をかけずに自分のお店を持つには

とは言え、「お店を買い取るほどのお金なんてとても・・・」と、興味があってもお店を買うお金がないため店舗オーナーをあきらめている方も多いかと思います。

ここでは、できるだけお金をかけずに店舗オーナーになる方法について紹介していきます。

①閉店したお店の設備をそのまま使う
お店にする物件を選ぶ場合に、お店の内装や設備を新たに準備すると、それだけで数百万円のお金がかかります。そこでおススメなのが閉店したお店の設備をそのまま使う方法です。

元の設備を使えば、簡単な塗り替えや小物を揃えるだけでお店をオープンできるので、費用をかなり抑えることができます。

こういった情報は、不動産会社に問い合わせるだけで簡単に知ることができます。また、「ぶけなび」や「居抜き市場」など、全国の閉店したお店の物件情報を扱っているサイトもあるので、一度調べてみるのが良いでしょう。

また、居酒屋やカフェ程度のお店なら、家賃3~4万円程度のボロボロの一軒家を借りて自分でリフォームすれば、20~30万円程度の費用で簡単に自分のお店を持つことができます。

②低金利で借りる、資金を集める
できるだけ金利を抑えてお金を借りる方法。不動産大家のページで紹介した「日本政策金融」などから借りるほか、資金を集めるなど方法もあります。

例えば、お金を貸したい人と借りたい人をマッチさせるサイト「マネオ」を利用すれば、お金を貸したい人から簡単に資金を集めることができます。

③共同でオーナーになる
1人では資金が足りなくても数人で出資すれば、その数分の1の費用でお店を開くことができます。また、共同なら出資コストが抑えられるほか、仲間で助け合って運営することができ、成功する確率も上がります。

近くに仲間がいないという方は、ネットで共同出資してくれる仲間を探すという方法もあります。

例えば、副業で飲食店を開きたい方をサポートしてくれる「週末飲食オーナー倶楽部」に登録すれば、経営のノウハウを勉強できるだけでなく、登録している方と共同オーナーになることもできます。

運営を専門のスタッフに任せれば、未経験の方でもOK!

お店はもちろん自分で運営することができますが、ある程度専門的な知識や技術が必要です。そこで、経験がない方におススメなのが、専門のスタッフを雇って代わりに運営してもらう方法です。

店長を雇ってスタッフの育成やお店の運営などすべてを任せてしまえば、全く経験のない方でも簡単にお店のオーナーになれます。

店舗オーナーは、成功すればサラリーマンの給料と不労所得のダブルの収入が得られ、売り上げが上がれば脱サラリーマンして、独立することもできる夢の副業です。