在宅ワーク副業少額から始められる低リスクの”金投資”で儲ける
「金」は、ほかの鉱物に比べて採掘量がとても少ないため、希少価値が高く、価格が下がりにくい商品です。装飾品として以外にも、導電性や耐食性など様々な性質に優れており、工業用品としての需要も高くなっています。

金の需要は、2000年代に入りさらに拡大し、その価格は過去10年間で5倍以上に高騰しています。

リーマンショック以降、様々な金融商品が下落する中、金の価格だけは安定している!金に投資することは、”資産の保全”に最も効果のある投資法と言えるでしょう。

世界中で金が買われている理由は

ここ数年、世界中の投資家に加えて、中国やインドなど経済成長が著しい新興国、または中央銀行など、世界中で金が買われています。ではなぜ、世界中でこれほど金が買われているのでしょうか?

その一番の理由は、”資産の保全”です。

金は採掘量が少ないため「希少価値がとても高く」、価格の下落がない上、すぐに換金できるという「換金性の高さ」から、資産を分散させる効果がとても高い商品として、世界中の投資家から再評価されるようになっています。

また、低金利時代の今、金の最大のデメリットである金を保有していても金利がつかないという欠点がほぼなくなったので、メリットだけが残る金が再注目されているのです。

【金投資のメリット】
①希少価値が高い
世界中で買われているので価値が高騰し、採掘量が少ないので価値が下がることがほとんどない。
②すぐに換金できる
現金が必要な時には、すぐに換金することが可能です。
③分散効果が高い
ほかの金融商品との関連性がないので、ほかの金融商品が下落してもその影響を受けることがなく、資産の分散効果に優れている
④インフレに強い
現在は、デフレになっていますが、今後インフレになって紙幣の価値が下がっても、金を保有していれば資産が下がるリスクが少ない

因みに、金は金属としての性質も非常に高いので、工業用品としての需要も多いです。導電性、熱伝性に優れ、耐食性も高く科学的腐食に対してもとても強い。また、柔らかく、可鍛性があり、展性と延性に優れ非常に薄く延ばすことも可能。携帯電話の電子部品など様々な需要があります。

このように、金投資には様々なメリットがあり、需要に比べて埋蔵量が少ないので今後さらに価値は上がっていくでしょう。



因みに、金は金属としての性質も非常に高いので、工業用品としての需要も多いです。導電性、熱伝性に優れ、耐食性も高く科学的腐食に対してもとても強い。また、柔らかく、可鍛性があり、展性と延性に優れ非常に薄く延ばすことも可能。携帯電話の電子部品など様々な需要があります。

このように、金投資には様々なメリットがあり、需要に比べて埋蔵量が少ないので今後さらに価値は上がっていくでしょう。

少額から始められる投資法を紹介

金には、先物、現物、CFDなどの投資法がありますが、ここでは、初心者の方が投資を始めやすい、少額で始められる金投資について、「純金積立」と「10万円金貨」について紹介していきます。

【少額から始められる初心者向け投資法】
①純金積立
「純金積立」は、投資信託と同じように、月1,000円~3,000円程度の少額から投資ができる投資法です。毎月自動的に一定額の金を購入して、保管してくれるサービスです。

純金積立で特に気をつけたいのが、手数料と保管方法です。手数料には、購入時にかかる「購入手数料」のほか、毎年かかる年会費などがあります。保管方法は、「特定保管」と「消費寄託」の2種類があります。

「消費寄託」は、会社が倒産した場合に、それまで投資した金が保護されないケースがあるので、特に注意が必要です。「特定保管」の場合は、会社が倒産した場合でも保護されますが、代わりに手数料が高くなる傾向があります。
 
純金積立は、1,000円~3,000円程度の少額で始められ、保管リスクがなく、運用も自動的に行われるので、初心者にオススメの投資法です。サービスは、「楽天証券」などでも行われていて、ネットからパソコンで簡単に申し込めるので、誰でも気軽に始めれれます。

②10万円金貨
実際に金を所持したい方向けの投資です。10万円の価値のある金貨を購入して保管する方法。金貨の重さは20gですので、実際の(2012年11月21日時点)の価値は1g=4,718円で、9,400円程度しかありませんが、10万円としていつでも現金に換金できます。

また、今後金の価格がさらに高騰し、例えば1g=5,500円になった場合には、10万円金貨を11万円で売ることができます。

金硬貨の最大の特徴は、たとえ金が下落しても10万円以下の価値にはならない、というリスクがない点です。なお、金硬貨は、ネットオークションなどでも簡単に購入することができ、価格は10万3,000円程度から購入可能です。

金を株のように気軽に売買したい方向けの投資法

金を株を同じように気軽に売買したいなら、「純金上場投資信託(金ETF)」がオススメ。4,000円程度の少額から売買が可能で、売買コストも比較的安い。また、現物の金への交換も可能な銘柄もあるので、現物を保管したい方にもお勧めです。

ただ、株と同じように売買手数料がかかるので、あまり少額の売買ばかりだと、手数料が割高になってしまうので注意が必要です。

「金ELF」の売買方法には、株と同じような「指値注文」や「逆指値注文」のほか、レバレッジが掛けられる信用取引などもあります。また、下落が予想される場合には、空売りをすることもでき、株と同様の売買が可能です。

サービスはまだ始まったばかりのところが多いですが、長期的に見て金はとても安定しているので、初心者の方でも安心してできる投資法だと思われます。