在宅ワーク副業動画投稿サイトで副業/脱サラして本業のビジネスへ
「Youtube(ユーチューブ)」や「ニコニコ動画」をはじめ近年、インターネット上で様々な動画を無料で楽しむことができる”無料動画投稿サイト”がたくさん登場しています。

これらのサイトの無料サービスは、提携企業からの広告収入により成り立っており、動画の閲覧ページに様々な企業の広告が掲載されており、また、動画の中にも企業のCMが挿入されていたりします。

この広告効果によって、動画投稿サイト、提携企業が高額な収益を上げているのです。これら動画投稿サイトでは、さらに収益を伸ばすために、収入源である動画を投稿してくれる方に、収益の一部を広告収入として提供するサービスを開始しています。

動画投稿で稼げている人の特徴

最近では、「Youtube(ユーチューブ)」などの動画投稿サイトを利用して毎月数十万円以上稼ぐ方が急増しています。中には、個人で年収1,000万以上稼ぐ方もおり、サラリーマンを辞めて動画投稿サイトで生計を立てている方も結構いるそうです。

動画投稿サイトを利用すれば、いまくいけば毎月数十万円稼ぐこともできるので、副業やお小遣い稼ぎとしてだけでなく、脱サラして本業として稼ぐことも可能です。

【どのような動画が稼げるのか】
2013年2月にNHKの”クローズアップ現代”という番組の中で、動画投稿で稼いでいる方の特集が放送されました。放送の中で一人の方は、鉄道マニアの方である日、乗っていた電車の線路の前を野生の鹿が通り、電車が急停止したそうで、その時の動画を投稿したら世界中の鉄道マニアの方に閲覧され、毎月数十万円の広告収入が入ってきたそうです。
 
この方は、その後脱サラして今も動画投稿で生計を立てているそうですが、毎回ヒットする動画を投稿するのは難しく、最初のヒットのみでいきなり脱サラするのはリスクが高いようです。
 
ほかにも、弁当を作ることが好きなある主婦の方では、毎回キャラクターが入ったお弁当を作り、動画に投稿しているそうです。子供が好きなワンピースなどのアニメのキャラクターを、ウインナーなどの食材で毎日作って、その作り方などの動画を投稿しているそうです。

お弁当のキャラクター動画は、お子さんを持つ主婦の方にかなりの人気があり、毎月数十万の収入になっているそうです。そのほか、犬や猫などのペットの面白動画なども多く、今は、携帯電話1つあれば動画を撮ることができるので、誰でも簡単に数十万、数百万円稼げるチャンスがあります。

動画投稿による広告収入は、投稿した動画が閲覧された回数に比例するので、たくさん稼ぐにはかなり人気のある動画を投稿しなければなりませんが、投稿自体にお金はかかりませんので、まずは趣味やお小遣い稼ぎ程度の感覚で始められてみたほうがいいと思います。

YouTubeパートナーに登録しよう!

日本で有名な動画投稿サイトと言えば、「YouTube(ユーチューブ)」と「ニコニコ動画」がありますが、ニコニコ動画は、利用に月額500円かかるので、まずは無料のYouTube(ユーチューブ)から始めることをおススメします。

なお、YouTube(ユーチューブ)は、数年前に検索エンジンの最大手Google(グーグル)に買収されたので、YouTubeを利用するには、YouTubeのアカウントに加えて、Googleの広告収入サービス”Googleアドセンスのアカウント”を取らなくてはなりません。

Googleアドセンスは、サイトやブログ運営者などが、自分のページにGoogleの広告を掲載することで、広告がクリックされた回数に応じて収入が得られる「クリック課金型」のサービスです。

なお、サービスの利用・アカウントの取得などはすべて無料ですので、気軽に申し込んでください。

【YouTubeパートナー】
YouTubeでは、動画を投稿してくれた方に、得られた広告収入の一部を還元するサービスを提供してます。これを「YouTubeパートナー」と言い、このサービスを利用して世界中で数千万円以上稼いでいる方がたくさんいます。

「YouTubeパートナー」になるには、YouTubeからYouTubeパートナーにアクセスして”申し込み”をクリックし、必要事項を記入して申し込みます。

YouTubeパートナーには、パートナーになるための簡単な審査があり、投稿する動画が「YouTubeの利用規約に違反していないか」などが審査の対象になります。審査に見事合格すれば、YouTubeパートナーとなり、動画投稿により広告収入を得ることができるようになります。

動画投稿サイトは、近年注目されている新しいビジネスで、これを利用して稼ぐ方が急増しています。まずは、副業、お小遣い稼ぎ程度から初めてみて、稼げると思ったら多少リスクはありますが、脱サラして本業として取り組むこともありかと思います。