在宅ワーク副業市場調査員(マーケティングリサーチ)
「市場調査(マーケティングリサーチ)」とは、商品の販売や新製品の開発、サービスの向上などを目的として市場のニーズ(要求)を調査することです。市場調査員は、これらの調査(リサーチ)をするお仕事で、街頭でのアンケート調査や交通量の調査、選挙での世論調査など様々な調査があります。

市場調査員は、街頭でのアンケートや、アポなしで電話などをしなければならないので、他人に話しかけることが苦手な方には難しいかもしれません。お仕事は、人材派遣会社から短期間の派遣で調査をすることが多いです。

市場調査員の給料は

調査員の報酬は、調査期間、調査内容によっても異なりますが、アンケートによる市場調査なら、1回の調査でだいたい5,000円~1万円程度です。実働時間は2~3時間程度。

また、車の台数を数える「交通量調査」なら、時給1,000円以上かなり高額のアルバイトです。「交通量調査員」のお仕事は、1日12時間以上など長期労働が多く、中には高速道路の24時間調査などもあります。

その他、世論調査のアルバイトもかなりの高報酬で、定番のお仕事です。期間限定の短期のアルバイトですが、選挙期間にはかなりの需要があります。お仕事内容は、選挙前の街頭でのアンケート調査、電話での調査、選挙当日の出口調査などです。

■調査員のお仕事例
・電波調査員
携帯電話の電波が届くかどうかを調査するアルバイト。具体的には、電波チェックする機械を積んだ車を運転して、携帯の電波状態をチェックします。8時間労働で日給1万円程度。

・地図チェック調査員
現在発行されている地図が合っているかを調査するアルバイト。地図を受け取り、担当地域を回って表札を見て地図と合っているかどうかをチェックし、違っていたらその都度地図に書き込みます。

・学生の就職活動に対する意識調査
大学に赴き、手当たり次第に学生に声をかけてアンケートに回答してもらう。1~2時間の調査で1万円程度の報酬

・交通量調査員
車の種別をするお仕事。朝7時くらいから夜7時くらいまでの長時間労働。椅子に座ってのお仕事ですが、夏は暑く、冬場は寒いため結構きつい。時給は1,000円以上でかなり高め。

怪しい調査には注意が必要!

市場調査の中には、「指定されたパチンコ店で1日打って、データを報告するだけで日給1万円」などという怪しい広告が結構存在します。

連絡すると、「そちらの募集は終了したので、ほかに必ず勝つ台で打ち放題、大金を稼げるバイトがある」などと言葉巧みに誘われ、高額の料金を取られるなどの被害が報告されています。

ほかにも、「金融機関の高額市場調査アルバイト」などと言って、応募者に消費者金融から借金をさせる詐欺まがいの市場調査も多いです。被害が多いのは、パチンコ関連と金融関連の市場調査がほとんど。

少しでも怪しいと思ったら、絶対に参加しないようにすることが大切です。