在宅ワーク副業高額アルバイト「治験モニター」の副業
製薬会社が開発した新薬を厚生労働省に申請する際には、人体への効果や安全性、副作用について検査したデータが必要。そこで、登録したモニターの方に新薬を試してもらって、薬の効果や安全性を実証する、というのが「治験モニター」のバイトです。

”有償ボランティア”ですが、謝礼がかなり大きい。お金のない学生がやるバイトとして有名ですが、日帰りや1泊2日の通院ならサラリーマンでも十分できそうなお仕事です。

治験モニターの種類や参加条件

治験モニターには、健康体の方でも参加できるもの、「一定数値以上の血圧や血糖値が高い」「喫煙者限定」「肥満」「花粉症の方」など参加できる対象者を限定しているものなどがあります。

健康体の方が参加できる治験なら誰でも参加することができますが、例えば、高血圧を抑える薬の治験では、「一定値以上の血圧の高さ」「40歳以上」など選考条件をクリアする必要があります。実施期間は、治験内容によって「日帰りタイプ」「宿泊タイプ」に分けられます。

①日帰りタイプ
鼻炎やインフルエンザ、高血圧・糖尿病などの生活習慣病の方に対して投薬をし、新薬の有効性や安全性、どういった動態を示すかを調査するものが多いです。(例:日帰り通院でサプリを飲んで1万円など)

②宿泊タイプ
宿泊タイプで長期間にわたるものには、健康な方を対象にした治験が多いです。4泊5日を3セットで30万円とか、6泊7日で10万円など。サラリーマンの方でも参加しやすい2泊3日や1泊2日の治験もあります。

■治験モニター体験例
実際に高血圧の治験モニターに参加した方のスケジュール例です(日帰り全5回)。1回目は説明会で、2回目が予備検診。予備検診での血圧数値が条件内であれば、薬を4週間分もらって帰ります。

その4週間後に、3回目の通院で数値検査。以降、再び4週間空けて4回目、5回目の検査を繰り返します。謝礼は、初回2回が各3000円、残り3回の通院が各1万円で、合計で3万6000円

このように、ただ通院してサプリを飲んでいるだけで数万円の報酬がもらえるのはおいしいバイトですよね。問題は、モニターの参加条件に当てはまるかどうか・・・です。

治験モニターの募集

治験モニターは、治験専門のクリニックや、治験も実施している大学病院などで不定期で募集をしています。一般的には、治験を専門に扱うサイトや、人材登録をすることで、メールや電話でモニターの依頼がきたり、サイト内で紹介されている治験に応募することで参加することができます。

しかし「性別」「年齢範囲」をはじめ、治験内容によって「体重」「血圧」「飲酒・喫煙経験」「アレルギーの有無」「常用薬剤の種類」など実に細かい参加条件が設定されています。

また、一度治験モニターに参加すると「休薬期間」といって、一定期間ほかの施設でも治験モニターは受けられません。治験モニターに参加するときにはなるべく条件の良いものを選ぶことが肝心です。

■薬品以外のモニター
モニターのお仕事には、薬品以外のモニターもあります。例えば、健康食品の臨床試験で、それを毎日摂取しながら、毎日3回の食事日誌を3カ月~6カ月つけて送ってもらうという食品モニター。

1カ月に1回のペースで健康診断を受けて、栄養士からアドバイスを受けます。期間も長くなる分、謝礼も半年で25万円とか高額の報酬になります。「治験モニターはちょっと怖い」という方におすすめです。

【治験モニター募集サイト】
新薬ネット
日本最大級の新薬モニターアルバイト情報サイト
クリニカルボランティアサポート
謝礼支給!無料健康診断で早期発見!
治験情報V-NET
健康な方はもちろん、疾患をお持ちの方を対象とした治験も数多くあります。

【関連ページ】
様々な治験モニター募集サイトを紹介
糖尿病、高血圧、喘息、にきび、アトピー、うつ、メタボなど最新の治療がうけられる様々な治験を紹介しています。