お小遣い稼ぎTOP懸賞で当選しやすくするコツ
懸賞にいくつか応募して見たものの、当たる気配すらないのでやめてしまったという人も多いと思います。
 
しかし、ネット懸賞にも、一定の法則さえ守れば驚くほど当選確率がアップするのです。

懸賞で当選確率をアップさせるには

①応募は質より量
 実際にハガキを送る懸賞よりも、ユーザーが多い分、当選確率が低いネット懸賞、よってより多く応募することが当選への近道となります。

②高額商品ばかりを狙わない
 ほしい商品にばかり目が行きがちですが、時には小物を交えて応募することが大事です。当選には波があるので、波が低いときには小物で我慢することが必要です。何も当選しないよりはショックが小さくて済みます。

③コメントは必ず入力
 懸賞の当選者は、コメントがしっかりと入力されている人を優先的に当選させる傾向にあります。なんでもいいのでとりあえず記入することで当選確立が上がります。

④面倒な入力が必要なほど確立UP
 アンケートや感想など、多くの入力項目用意されている懸賞があります。そういった懸賞ほど応募数が減るの分、当選確立が上がるので逆に狙い目となります。

⑤「当選は発送をもって・・・・」は確立ダウン
 残念ながら、すべての懸賞が真面目に当選者に賞品を送っているのではなく、アンケート結果などを収集するための単なる「釣り」のケースもあります。従って「当選者は発送をもって・・・・」のケースは望み薄です。

⑥当選したらお礼のメールを
 賞品当選の時には,必ずお礼のメールを送りましょう。喜ばれるだけでなく、賞品モニタの依頼がくることもあります。

懸賞応募で注意する点について

①怪しい副賞には注意
良い賞品が揃っているからといって、すぐに応募してしまうのはよくありません。実はネット懸賞落とし穴があり、よくあるのがメインとなる商品の他にもハズレとしてダブルチャンス的な賞品があるケースです。

ハズレ賞品には携帯電話や美容院のクーポン、優先導入のための機器など、ちょっと裏のあるものが並んでいます。

携帯電話や有線の導入機器などは、業者側にバックマージンが入り、さらに利用者のランニングコストが必要になります。美容人のクーポンにしても無料券ではなく、割引券であったりします。

しかも、こうした業者は、当選すると来店や電話連絡を望んでくるのでタチが悪い、賞品をしっかり見ること、また、当選結果を無視したりすることも大切です。

②応募時の入力情報は流失前提で!
懸賞のほとんどは聞いたこともない企業によるものです。中には、懸賞によって収集された情報を業者に横流しするところもあります。懸賞で賞品をGetできる反面、個人情報も保護ということには不安があります。

従って、応募の際には、郵便物が届く程度の偽名を使ったりするのも個人情報を守るテクとして覚えておいたほうがいいと思われます。

もし、どうしても嫌ならよほど信頼性のある企業が開催する懸賞に限定して応募することがいいと思います。

③スパムメールは覚悟しよう!
ネット懸賞で問題となるのが大量のスパムメールが届くようになってしますことです。従って入力項目にあるメールアドレスは、絶対メインのメールアドレスを使用せず、フリーメールで応募するようにしましょう。

スパムメールの中には悪質なものも存在するので、フリーメールとメインのメールアドレスを使い分けることが必要となります。