株式投資TOPFX投資の基本/FX初心者向け入門
FXは、「外国為替」を利用したお金を増やす投資方法の1つです。「為替」は「現金の移動を伴わない取引」のことで、この内、外国の取引で必要な「各国の通貨の両替」を「外国為替」と呼んでいます。
 
FXは少ない金額で大きな取引ができるのが魅力の投資です。担保を預けることで1万円で100万の取引ができます。なお、取引で発生した損失が預けた担保を超えると取引終了となり、新たな担保を預けなければ取引はできなくなります。

事前に担保を預けることによって実際の100倍以上の取引ができる、それがFXの大きな魅力です。「お金があまりないけど、投資ををやってみたい」という方にお勧めです。

外国為替でお金が増える仕組みは

海外旅行の経験がある人は、両替所で「円」を外国のお金(ドルなど)に「両替」したと思います。
 
例えば、アメリカに旅行してお小遣い10万円をアメリカドルに両替したとします。この時1ドルが、日本円にして110円と同じ価値だったとすると、10万円では約909ドルに両替できます(実際にはさらに手数料がかかります)。

このお小遣いを一切使わずに帰国したとき、1ドル120円になっていたとします。ここで、909ドルを日本円に両替したとすると、約10万9千円で両替でき、9千円も増えていることになるのです。

これが、お金が増える仕組みでFXの基礎となるところです。

為替レートを理解しよう

為替レートは、各国の通貨をどのくらいの比率で両替できるかを示す数値です。例えば、アメリカドル1ドルを日本円で両替する時に、1ドル120円で両替できれば、このときの為替レートは、「1ドル120円」となります。

為替レートは、政治、経済など様々な状況が原因で常に変動します。この変動を利用して利益を出すのがFXの基本です。

【円安、円高とは?】
昨日まで1本100円だった大根が1本150円になったら高くなったといえます。物の価値の場合、数値が上がれば価値は高くなります。

しかし、為替相場でいう「高い」、「低い」というのは、円の価値のことをいっているので、例えば、円が1ドル120円から110円になった場合は、円高になったということになります。

以前は1ドル両替するのに120円かかかったのに、今では1ドル両替するのに110円で交換できる、ということは、円の価値が上がり、ドルの価値が下がった(円高=ドル安)ということになるのです。

主要通貨の紹介

・アメリカドル
FXを始めるのに最も適した通貨で、世界中の経済に大きな影響を与える、各国の貿易の基本となる通貨です。FXを始めるならまず、このアメリカドルの取引から始めるのがいいと思われます。

様々な情報が簡単に手に入り、為替レートの急変も少なく、将来の見通しも比較的つけやすい通貨です。

・ユーロ
ヨーロッパの一部地域で、各国が共同で作った通貨です。経済規模はアメリカに次ぐ大きさです。多数の国で成り立っているので、戦争やテロなどでも比較的影響が少なく、今後さらに、多くの国の参加による発展も期待できます。

・イギリスポンド
ユーロではなく独自のポンドを使っているイギリスの通貨です。戦争やテロなどの影響を受けやすく、規模が小さいので為替レートの変動も派手です。ややギャンブル性の高い通貨だと思われます。

・カナダドル
アメリカの景気に影響しやすい通貨ですが、カナダは、社会状態も安定していて、資源も豊富ですので基本的には安定性が高い通貨です。

また、カナダは原油の産油量も多いので、原油価格の変動にも影響しやすい通貨でもあります。

・オーストラリアドル・ニュージーランドドル
オーストラリアドルとニュージーランドドルは、「金利が高い」という特徴があります。FXでは、売買による利益の他に、所持し続けることによる利益もあるので、中長期的に取引を行うなら金利が高いことも重要になります。

・中国人民元
最近、為替市場に大きな影響を与えている中国の通過です。中国は経済発展がめざましく、人口も13億を超えるため今後は経済の主要国になる可能性が大きい国です。

・韓国ウォン
日本円や日本経済との関連性が高く、北朝鮮との問題もあって先読みがしにくい通貨です。

その他、香港ドルや、シンガポールドル、タイハーツ、スイスフランなどいろいろありますが、取り扱いFXも限られてくるので初心者の内はあまり手を出さないほうが良いと思います。