株式投資TOP手数料が安く、夜間取引もできる!SBI証券
「SBI証券」は、SBIホールディング100%出資の証券会社です。旧称号はイートレード証券。イートレード証券の親会社(イートレード株式会社)が2003年6月にSBIホールディングに吸収合併され、SBI・イートレード証券に、その後、株式会社SBI証券と称号変更しています。

1999年に営業を開始したネット専業の証券会社で、開設している口座数はネット証券の中では最多の270万口座(2013年6月現在)を超えています。

SBI証券の魅力は、手数料が安いことに加えて、昼間忙しい方でも夜間に取引できる『夜間取引(SBI PTS)』や1株から取引ができる『S株』など、独自のサービスが充実していることが人気となっています。

ネットストックハイスピード

松井証券が無料で提供している「ネットストック・ハイスピード」は、リアルタイム更新される情報画面と、注文発注・約定確認画面が一体となったトレーディングツールです。

ネットストック・ハイスピードなら、注文条件を設定しておけば、あとはマウス操作だけで発注ができる2種類の注文画面が用意されていて、取引所に直結された証券会社のディーリングルームにいるような感覚で取引ができます。

また、ネットストック・ハイスピードは、銘柄の動きを分析する機能も充実しています。設定した基準から急騰・急落した銘柄を知らせてくれる「株価急騰落分析」や、高値または安値に対して近接率を設定し、現在値が設定した近接率以内の銘柄を表示する「株式近接率分析」など、様々な角度から分析可能です。

さらに、各種指数、海外指数、チャート、銘柄ランキング、リアルタイムニュースなど、豊富な投資情報が閲覧できます。

業界最安の売買手数料

SBI証券の最大の魅力は「格安の売買手数料で取引ができる」ということです。1注文ごとに手数料が発生する「スタンダードプラン」では、10万円まで145円、50万円まで285円の格安手数料で取引ができます。

さらに、短期トレードにオススメの1日定額コース「アクティブプラン」なら、1日の約定代金の合計が10万円まで100円、20万円まで200円、50万円まで450円で取引ができます。

手数料だけを見ると、1約定ごとに手数料が発生するタイプでは岡三証券などで10万円まで99円、ライブスター証券で10万円まで84円、松井証券なら1日定額コースで10万円まで無料など、SBI証券より安い手数料の証券会社が結構あります。

しかし、SBI証券は、取り扱い商品が多く(夜間取引は国内最大)、情報・サービスも充実しているので、総合的に見るとSBI証券は、業界最安水準の手数料と言えると思います。

1株から取引できるS株(単元未満株)

SBI証券には、1株から取引ができる『S株』というサービスがあります。通常株取引では、銘柄ごとに最低売買株数(1口100株、1口1,000株など)が決められていて、この最低売買株数(単元株数)未満では取引をすることができません。

単元未満株は、単元株数未満でも取引ができるサービスで、よく知られているのが単元株数の1/10の株数で取引ができる『ミニ株(株式ミニ投資)』があります。

ミニ株は、多くの証券会社が導入しているサービスですが、SBI証券の『S株』は、1株から取引ができるので、ミニ株の1/10あるいは1/100の予算で取引することができます

S株を利用すれば、少額の予算で大企業の株を分散して持つこともでき、分散投資が少額で簡単にできます。また、S株なら単元株同様に、保有株数に応じた配当も受け取ることができます。
※株主優待の有無は企業によって異なります。

さらに、取引回数もミニ株だと1日1回に限られますが、S株なら1日2回取引ができるなど、通常のミニ株より優れた点が多くあります。なお、S株の売買手数料は、約定金額の0.525%、最低52円から取引ができます。

夜間取引

SBI証券の夜間取引は、SBIジャパンネクスト証券が運営するPTS(私設取引システム)を使ったサービスで、取り扱い銘柄3,500以上と国内最大規模を誇ります。

売買手数料も10万円まで138円、20万円まで184円、50万円まで271円と、スタンダードプランより5%安い格安手数料で取引ができます。

取引時間は、朝8:20~夜23:59まで1日中取引をすることができます。昼間忙しくて取引ができない方でも、夜間の取引ができる人気のサービスです。



【取扱商品について】
国内株式のほか、外国株式・投資信託・債券・FX・先物・オプション・カバードワラントなど、豊富な商品が揃っています。

特に外国株式には、米国株・中国株以外にも、韓国・ロシア・ベトナム・シンガポール・タイ、マレーシアなど業界最多、9カ国もの株式を取り扱っています。

ほかの主要ネット証券と比べて、取り扱い商品が多い点もSBI証券の人気の1つです。

手数料

SBI証券の国内株式売買手数料は、1日の約定代金の合計で決まる定額コースの「アクティブプラン」と、1約定ごとの代金で決まる「スタンダードプラン」があります。

なお、これらのプランは「夜間取引」や「S株」などには適用されません。



その他、リアルタイムで情報収集から注文まで快適な取引ができるトレーディングツール『HYPER SBI』も強力です。パソコンだけでなく、スマホからも快適な取引が実現できます。

さらに、ネットバンキング『往信SBIネット銀行』の口座を持っていれば、SBI証券の決済口座として利用でき、証券会社にいちいち入金しなくてもSBI証券から株を購入することができます。
SBI証券
業界最安の売買手数料!口座開設キャンペーン実施中!SBI証券に新規に口座を開設して、取引を実施すると現金8,000円がもらえるチャンス!