株式投資TOP多彩な注文形態が魅力!マネックス証券
マネックス証券は、2006年に日興ビーンズ証券とマネックス証券が合併してできた証券会社です。

マネックス証券は、日本における代表的なeコマース評価機関であるゴメス・コンサルティング株式会社から、「2006年10月オンライン証券ランキング」で前回より引き続き、総合第2位を獲得しています。

また、カテゴリー別ランキングでも「機能・サービス」、「使いやすさ」で1位を獲得している人気の証券会社です。

多彩な注文形態、1万円からでも取引ができるミニ株、夜間(17:30~23:59)でも取引ができる夜間取引なども様々なサービスを提供してくれます。

マネックス証券の注文形態

マネックス証券には、「逆指値注文」 、「ツイン注文」、「リバース注文」、「連続注文」など様々な注文形態を備えています。

特に、「リバース注文」は他の証券会社にはいまのところないと思います。リバース注文とは、買い注文を出すと同時に売り注文を出すことが出来るシステムです。

例えば「○円以下になったら買い」という逆指値注文を出すと同時に、「約定した場合○円以上になったっら売る」という売り注文を出すことが出来ます。

これをうまく使うことで値動きの激しい銘柄にもすぐに対応でき、自動注文機能により忙しくてもリスクの回避・利益のアップを狙えます。

マネックス証券なら夜間でも取引できる

マネックス証券には、「マネックスナイター」という夜間(17:30~23:59)でも取引ができるサービスがあります。夜間取引の手数料は、株数に関わらず一約定につき500円(税込)です。

マネックスナイターでは、ほぼ全銘柄を取扱っていて、最大7%ディスカウントのチャンス銘柄などもあります。

仕事が終わってからでも取引できる夜間取引には、安く買えるチャンスもあるので忙しい方にもとてもお勧めのサービスです。

【1万円からでるミニ株】
通常、株式は売買できる単位(単元株数)が決められています。マネックス証券の「株式ミニ投資(ミニ株)」は、その1/10の単位から取引ができるので、銘柄によっては1万円からでも始められます。手数料は業界最低水準の一約定500円(税込)均一です。

【取り扱い商品について】
マネックス証券の取扱商品には、国内株のほか、中国株、カバードワラント、為替保証(FX)などもあります。

FXの手数料は、1,000~499,000通貨で100円、50万~999,000通貨で80円、100万通貨で60円となっています。また、日計り(デイトレード)なら片道無料です。

「マネックスFX」なら、1,000通貨単位から取引できるので、1万円からでも取引を始められます。

手数料

マネックス証券の手数料形態は、「1日定額コース」と「取引ごとのコース」の2つがあります。

現物取引と信用取引が同一料金で、指値注文と成行注文によって多少金額が変わります。



その他、マネックス証券には、取引に応じてポイントが貯まる「マネックスポイント」があり、貯めたポイントは、さまざまな特典と交換することができます。1ポイントは、5円相当なので実質的に手数料の1%が還元されることになります。

マネックスポイントは、株式売買手数料500円につき1ポイントがつきます(500円未満は切り捨て)。その他、様々な取引に応じて優遇ポイントが貰えます。また、新規の口座開設時に100ポイント(500円相当)をプレゼントされます。

マネックス証券では、ココにしかない様々なサービスが利用できるので、とても人気のあるお勧めの証券会社です。
マネックス証券
リバース注文など多彩な注文形態、夜間取引・ミニ株取など機能・提供サービスが豊富手数料も安い!