株式投資TOP証券会社に口座を開設する手順
利用したい証券会社が決まったら、証券会社のホームページにアクセスして口座の開設を申し込みましょう。口座の開設は、ネット経由でパソコンから簡単に申し込むことができます。

口座の開設後は、株を購入する資金を口座に入金すれば、すぐに株を購入することができます。なお、パソコンからの注文は、入力ミスなどがないように最新の注意を払う必要があります。

注文を出して約定してしまったら、取り消すことはできません。オンライントレードは、すべて自己責任で行われるので、しっかり確認してから注文するようにしましょう。
 

口座開設の手順

ここでは、株式投資初心者の方が、10万円以下の予算で投資を始めるのに、手数料の点で非常に有利な「松井証券」を例に、ネットから口座を開設する手順を紹介します。

ネット経由での申し込みが完了すると、数日後に口座開設の申し込み用紙が郵送されてきます。それに、身分証明書のコピーの添付や書類への捺印などをして返送すれば、IDとパスワードが記載された用紙が送られてきて、口座の開設が完了します。

口座の開設は、証券会社によって多少異なりますが、申し込みから開設までだいたい1~2週間程度かかります。

【インターネットから口座を開設手順】
①ホームページにアクセスする
松井証券のホームページにアクセスして、ページの右上にある『口座開設』ボタンをクリックする
②申し込み方法を選択する
松井証券では、用紙を自分で印刷することもできます。すぐに申し込みたい方で、プリンターなどの印刷できる機械があれば、『自分で印刷して申し込む』を選択します。

通常は、用紙を郵送してもらう『申込書を取り寄せる』を選択します。


③個人情報を入力する
氏名、住所、電話番号など必要事項を入力します。
④取引情報を入力
入金に利用する銀行口座、投資目的や経験など、取引情報を入力します。
⑤申し込み完了
最後に確認画面が表示されるので、入力した情報に間違いがないか再度確認して、『この内容で申し込む』ボタンをクリックすれば、申し込み完了です。
 

ネットバンキングを利用しよう!

ネットで株取引をするには、事前に証券会社の口座に資金を入金する必要があります。口座への入金は、銀行のATMからでも手続きすることができますが、「ネットバンキング」を利用すればネット経由で、パソコンやスマホからいつでも資金の入金ができます。

ネットバンキングなら、いちいち銀行に行く必要がなく、証券会社によっては専用のネットバンキングを利用すれば、振込み手数料が無料になる場合もあります。

現在では、多くの銀行でネットバンキングが利用でき、証券会社によってはリアルタイムで入金が反映されるところもあるので、口座開設と同時にネットバンキングの利用手続きもしておくことをオススメします。

↓ネットバンキングとして人気の「楽天銀行」

入力ミスをしないよう細心の注意を払って注文しよう!

オンライントレードでは、パソコンやスマホから数値を入力するだけで、誰でも簡単に株の注文をすることができますが、すべて自己責任となります。売買価格や売買株数、銘柄コードなどを誤った数値で注文を出し、もしそれが約定してしまったら取り消すことはできません。

入力ミスは、誰もチェックしてくれないので、注文時は細心の注意を払って行うようにしましょう。

なお、注文を出した後は、再度注文をチェックする習慣をつけておくことが大切です。確認してもし間違いに気づいたらすぐに「注文の訂正」または「取り消し」を行いましょう。

【回線トラブルについて】
インターネット回線は、常時繋がっているのが普通ですが、パソコンの調子が悪かったり、プロバイダや証券会社側のトラブルでサーバーがダウンするなどして、突然回線が繋がらなくなる場合があります。

特に、注文の送信中に回線が切れた場合、復旧後に再度注文をすると、注文が二重になってしまう可能性があります。このような場合は、注文の履歴画面を確認して、注文が受け付けられたをしっかり確認するようにしましょう。

また、すぐに売りたいのに回線が切れて復旧しないなどのトラブルが発生した場合は、電話注文などを利用するようにしましょう。

手数料は割高になりますが、「回線の復旧を待っていて、株価が急落してしまい、損失が膨大になってしまった」などということがないように、トラブルを予想して事前に対処法を考えておくことも大切です。

【セキュリティソフトは必ず導入しておこう】
オンライントレードでは、インターネットを利用して売買を行うためセキュリティ対策は必須になります。ネット上には、「コンピューターウイルス」のほかにも、IDやパスワードを盗む「スパイウェア」や「フィッシング詐欺」、外部からの「ハッキング」など、様々な危険が存在します。

こうした危険から守るためにもセキュリティソフトの導入は必須です。セキュリティソフトはたくさんありますが、初心者の方は簡単で使いやすい「ウイルスバスター」などの知名度のある有名ソフトを入れておけば問題ないと思います。