株式投資TOP手数料が安い証券会社を紹介
株式投資において売買手数料を抑えることはとても大切です。特に少額投資をする方には、リスクが少ない代わりにリターンも少ないので、手数料が大きいとせっかくの利益がなくなってしまいます。

証券会社には、会社ごとに売買手数料が異なり、初心者の投資家を対象にした証券会社もあれば、予算1,000万円以上の投資家を対象にした証券会社もあります。

それぞれに証券会社ごとに特徴が違いますので、まずは初心者の投資家向けに手数料を格安にしている証券会社を紹介します。

少額投資に最適!松井証券の特徴

松井証券」は『1日の約定代金の合計が10万円以下なら手数料無料』という、格安手数料が魅力の証券会社です。

手数料が安いので初心者でも始めやすく、特に10万円以下の少額で投資を始める方は、売買手数料を無料で取引ができるというサービスはかなり魅力的だと思われます。

1日定額コースについては、ほかの証券会社もありますが、10万円以下の取引で手数料が無料というサービスを提供している証券会社は、松井証券だけです。

なお、松井証券の定額コースは、10万円を超えると定額料金がかかり、30万円までは315円、50万円までは525円の手数料になり、約定代金の合計金額に応じて手数料が上がっていきます。

【無料で利用できるトレーディングツール】
松井証券では、口座を開設していれば誰でも無料で利用できるトレーディングツール『ネットストック・ハイスピード』があり、リアルタイムで様々な情報が確認でき、注文・約定確認も同時に行うことができます。

さらに、スマホ向けの『株TOUCH』などもあり、どちらも無料で利用できます。

↓松井証券のトレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」


また、松井証券は、銘柄のレポートや株主優遇などが無料で入手できるなど、入手できる情報の種類が多いのも魅力の1つです。

その他、サポート面では、パソコンに慣れていない方には、自宅に訪問してすべて設定してくれる『訪問サービス』なども実施しています。

【取引代金による手数料】
松井証券の定額手数料は、取引金額が少額の場合は格安になりますが、取引額が上がっていくと手数料が高くなり、50万円以上になると、楽天証券やSBI証券のほうが割安(50万円まで手数料450円で取引可能)になります。

手数料以外なら、松井証券より優れている証券会社もたくさんあるので、10万円を超える金額で取引をするなら、初心者に最も人気がある「楽天証券」のほうがおススメです。

手数料が業界最低水準の証券会社

 
松井証券以外で手数料を重視した証券会社を選ぶなら、高機能のトレーディングツール「マーケットスピード」が人気の「楽天証券」がオススメです。
 
楽天証券は、手数料も1日定額コースの場合、合計取引金額が50万円までが450円、100万円までが900円という格安料金で取引ができます。特に、利用者に人気のマーケットスピードは、機能が豊富で初心者から上級者まで利用できる万能のトレーディングツールです。
 
利用料金は、通常3ヶ月3,000円かかりますが、口座開設から3ヶ月は無料で利用でき、さらに3ヶ月の間1回でも取引があれば、さらに3ヶ月無料で利用できます。また、スマホ用には「iSPEED」があり、こちらも同様に無料で利用できます。
 
その他、手数料が格安の証券会社には「SBI証券」があります。SBI証券の定額コースでは、10万円までが100円、30万円までが300円、50万円までが450円の格安手数料で取引ができます。
 
1回の取引ごとに料金が発生するコースを含めて、業界最低水準の格安手数料が魅力の証券会社です。