株式投資TOP自分に合った投資スタイルを見つけよう!
株式投資を始める場合、投資する予算や1日の中でトレード可能な時間、トレードする期間などから、まずは自分の投資スタイルを確立する必要があります。

投資する予算はいくらか、1日の中でパソコンについていられる時間はどのくらいか、短期投資なのか長期的投資なのか、など自分のライフスタイルや性格などを理解した上で、最も自分に合った投資スタイルを見つけましょう。

投資期間でスタイルを決める

株式投資には、デイトレードを代表するように1日や1週間などの比較的短い期間でトレードを行う『短期投資』と、半年~1年以上の中長期的な期間で投資を行う『中長期投資』があります。

短期投資は、短い期間で売買を行うため、安く買って高く売ることで利益が得られる、キャピタルゲインが基本になります。株価の変動によって利益を得るので、短期トレードでは、一般的に値動きの激しい銘柄を選び、テクニカル分析(※1)によるトレードを行います。

一方、中長期的な投資では、株価の上昇による利益のほか、株主優遇や配当などによる利益も期待できます。一般的に中長期的投資では、業績の良い、将来性のある会社を選ぶことが基本で、売買にあまり時間をかけられない方にオススメの投資法です。

※1)ローソク足や移動平均線から相場の上げ下げや流れを分析する方法

【投資トレードについて】
短期トレードで有名なのが、株を買ったその日の内に売ってしまう『デイトレード』です。値動きの激しい銘柄では、1日の中でもかなり株価が上下するので、1日の中で株価が下がった時に株を買って、株が上がったらすぐに売ればその差額分が利益となります。

デイトレードでは、そのトレード方法から取引の時間中ずっと株の値動きを見ていなければならないので、基本的に取引開始から終了までずっとパソコンに張り付いていられる方でないと、デイトレードはできません。

デイトレードをしたいけど、日中は忙しくなかなか時間が取れないという方は、『自動注文』がオススメです。自動注文は、株価の変動にすぐには対応できませんが、「○円まで下がったら買って、○円まで上がったら売る」という、自動的に注文を出すことができるので、短期でもある程度はトレード可能です。

また、デイトレードは、銘柄の選択や売買のタイミングがとても難しく、プロの方でもなかなか難しいトレードですので、初心者の方がいきなりチャレンジするのはリスクが大きいと思います。

デイトレードをやってみたい場合は、まずは1週間~1ヶ月程度の期間でトレードを行い、実践を積んでから、段々期間を短くしていくのが良いと思います。

予算や性格で決める

株を買う場合、投資する予算をどのくらいに設定するのかもとても重要です。予算が10万円程度なら選択できる銘柄も限られてくるので、場合によっては『ミニ株』『単元未満株』などを利用します。

また、予算が少ない場合は、売買手数料もばかにならないので、松井証券のような「1日の取引金額が10万円以下なら手数料無料」などの、売買手数料が安い証券会社を選んだほうがいいです。

少額投資は、初心者の方に特にオススメの投資法で、まずはリスクが少ない低予算の投資で経験を積んでから、予算を上げて本格的に投資をするほうが失敗が少なくなります。

予算が100万円程度あれば、すべての銘柄を自由に買うことができ、大企業の株で分散投資するような複数の株を保有することも可能になります。

【性格も重要】
その他、株式投資には、自分の性格を把握することも大切です。とても慎重なじっくり待つ正確な方が短期投資をしても、売買タイミングを考えている内に、タイミングを逃してしったり、せっかちな人が長期投資をしても株がちょっと下がっただけで、焦ってすぐに売ってしまうなど、性格判断を間違うと損失を拡大してしまう結果にもなりかねません。

株式投資をする際には、投資する期間や予算のほか、自分の性格やライフスタイルなども考えて、最適な投資スタイルを確立しましょう。