株式投資TOP5万円から始める株式投資
株のようにハイリスク・ハイリターンの投資をする場合、投資に利用する最適な予算は、自由に使えるお金の3割程度が理想的と言われています。例えば、自由に使えるお金が200万円あった場合、その3割の60万円程度で投資するのが、リスクを考えた上で理想的な資産運用だと言う事です。

しかし、3割の投資でも投資金額が高額になる場合、株式投資の経験がない方は、いきなり大金を投資するのはリスクを考えるとおススメできません。

初心者の方は投資のリスクを考えて、経験を積むためにまずは5~10万円程度の投資から始めてみるのが良いでしょう。

まずは5万円から始めてみよう!

株は始めたいと思っても、ある程度の資金がないと始めることはできません。株には、銘柄ごとに売買単位が決まっているので、たとえ株価が500円程度の銘柄でも、1単元が1,000株なら最低50万円の予算が必要になります。

予算が1万円程度だと、購入できる銘柄は極端に少ない(50銘柄程度)ですが、5万円程度の予算なら、投資できる銘柄は500程度あり、ダイエーやスターバックス、ビックカメラなど、有名な銘柄も購入できます。

5万円の投資なら、かなりの銘柄を選択できますし、たとえ株価が下がっても、損失も少ないので安心して株式投資を楽しむことができます。

【ミニ株で投資銘柄を増やす】
「投資したい銘柄があるけど、予算が足りなくて投資できない」、このような場合は『ミニ株』を利用してみよう。ミニ株は、通常の売買単位の1/10で取引ができるシステムで、正式には『株式ミニ投資』と言う投資方法になります。

ミニ株は、すべての証券会社で利用できるわけではありませんが、通常の1/10の資金で取引ができるので、たとえ5万円しかない予算でも、最低50万円まで資金が必要な銘柄まで取引をすることができるようになります。

ただ、ミニ株は証券会社によって取り扱っていない場合もあり、通常の取引に比べて「手数料が割高」「指値注文ができない」「株主優遇がない」など、いくつかの制約もあります。

また、証券会社によっては、ミニ株以外にも1株単位で取引ができるサービスを提供している会社もあるので、いろいろ探してみるのも良いと思います。

【スクリーニング機能を使おう】
スクリーニングは、予算や配当、利益率など、条件にあった銘柄を簡単に検索できる機能で、ほとんどの証券会社で利用できるすることができます。

使い方は、証券会社によって多少異なりますが、スクリーニング機能を使えば、表示された検索結果から、さらに細かく絞込むことで最適の銘柄をすぐに探すことができます。

↓松井証券の銘柄スクリーニング画面

株主のメリットについて

株主には、株価の上昇による利益のほか、保有株数に応じてもらえる配当金や株主優待などを受けることができます。5万円程度の少額投資でも、利回りが高い銘柄や株主優待が受けられる銘柄は結構あるので、これらを目的に投資するのも良いと思います。

また、株主は「株主総会」に出席できる権利もあり、株主総会に参加すると自社製品などのお土産をもらうことができます。

【配当金について】
配当金は、企業が利益の一部を株主に還元するもので、なかには5%近い高利率の銘柄もある、銀行預金の利息のようなものになります。

利率は、銀行の利息に比べるとはるかに高利回りで、年に1~2回支払われるほか、企業の業績によって『特別配当』や『記念配当』など、臨時報酬がもらえる場合もあります。

なお、配当金による利益で銘柄を選ぶ場合は、配当金だけでなく、「1株あたりの配当金」を「現在の株価」で割った『配当利回り』も確認しましょう。配当利回りが高い銘柄なら、もらえる配当も多くなります。

ただ、配当金は、支払いを約束されたものではなく、業績が悪くなれば配当金の割合が減ったり、配当金がゼロになったりするので、配当だけでなく、企業の業績も確認する必要があります。

【株主優待について】
株主優待は、配当と同じく株主が得られる権利の1つで、上場企業では3割以上の会社が実施しています。受けられる内容は、企業によって様々ですが、主に自社製品のプレゼントや割引券、商品券などが多いです。

優待は、配当と同じように保有している株数が多くなるほと多くの優待を受けることができます。

例えば、保有株数が300株の場合、3,000円相当のお買い物優待券が受けられ、500株なら5,000円、1,000株で10,000円相当の優待券がもらえる、など保有株数に応じて受けられる優待内容が大きくなっていきます。

【配当や株主優待での注意点】
配当や株主優待を受けるには、それらの権利を受けられる『権利確定日』までに必要な株数を保有している必要があります。そのため、権利確定日が近づくと、株価が急激に上昇する傾向があります。

これらは投資家が配当や優待を受けるために買った株のため、権利確定日を過ぎると、株を売る動きが多くなり、株価が下落する場合があります。

配当や株主優待目当てで権利確定日近くで株を買うと、株価が高くなっているときに株を買うことになり、その後株価が下落することで逆に損をしてしまう方も多いです。配当や株主優待を狙う場合は、購入する時期も考えておくことも必要です。