株式投資TOPオンライントレードの基本
以前は、株取引の注文をするのに、証券会社の店頭の窓口に直接出向くか、または電話などで注文を出していました。もちろん、今でも電話や窓口で注文を出すことはできますが、最近では、インターネットでパソコン上から売買注文を出す『オンライントレード』が一般的になっています。

オンライントレードを行うには、証券会社に自分の口座を開設してもらう必要があります。オンライントレードなら、株の注文から資金管理まですべでパソコン上で行うことができるので、以前に比べて誰でも気軽に株取引を行うことができるようになっています。

オンライントレードの仕組み

証券会社での口座開設・オンライントレードの申し込みは、インターネットを利用してパソコン上から簡単に申し込むことができます。開設したい証券会社のホームページにアクセスして、『口座開設ボタン』をクリックすれば、口座開設に必要な住所や氏名、電話番号などの入力画面が表示されます。

必要事項を入力して、送信ボタンをクリックすれば、後日口座開設用の申し込み書が郵送されてきます。申し込み用紙に記入して返送すれば、1~2週間で口座が開設します。

【パソコンから売買注文を出す】
オンライントレードでは、株の売買注文をすべてパソコンの画面から行います。まず、証券会社のホームページにアクセスし、会員専用のログインページから、自分専用の管理画面にログインします。管理画面では、株の注文から、資金管理まですべて行うことができます。

また、銘柄のコードを入力すれば、すべての銘柄の株価や高値、安値、出来高など、株取引に関する様々な情報を入手できます。気になる銘柄は、お気に入りなどにいくつか登録しておけば、すぐに登録してある銘柄の情報が入手できます。

【口座への入金はネットバンキングが便利】
ネット証券の多くは、買い注文を出す際に口座に「株価×売買株数+手数料」の金額が必要な、完全前受制になっています。資金が足りない場合は、銀行から再度証券口座に入金する必要があります。

ネットバンキングなら、ネット上からオンラインで入金ができるので、少額の投資や頻繁に入出金をする場合は、ネットバンキングを利用したほうが良いでしょう。

安く買って高く売るのが基本

株価は、企業の業績や景気などによって常に変動します。株で儲けるには、株価が上がりそうな株を買うのが基本中の基本です。一般的に株価は、企業の業績が上がれば上昇します。

また、景気が良くなれば企業の業績も良くなるので、株価も上がります。その他、為替による影響も大きく受けます。円安になれば輸出がメインの企業の業績が良くなり、円高になれば逆に輸入企業が有利になります。このように、株価は常に変動するため、安い時に買って、高くなったら売る『売却益』で儲けるのが基本になります。

株の利益は、値上がりした銘柄の株を売って利益が確定するため、ただ株を保有しているだけでは利益は発生しません。売り時を逃すと、株価が下がってしまい、後で後悔することになるかもしれません。

株価が下がってからでは、すでに遅いので、株取引では、「目標価格になったら売る」という、自分でルールを決めることも必要です。

【時には損失を確定する勇気も】
上がると思った株が予想に反して下がり続けることもよくあります。そのような場合に、さらに損失を拡大させないために、損失覚悟で売る勇気も必要になります。

株価上昇に目標設定をするのと同様、株価が下がった場合でも、ここまで下がったら売るという決め事をしないと、損失が拡大する恐れがあります。

株価が下がりすぎて売るに売れず、塩漬け状態になってしまうと、次の投資ができない最も悪い状態になるので、早めに見切りをつけ、損失を確定する『損切り』も株取引には必要になります。

分散投資でリスクを軽減する

株式投資にはリスクはつきものですが、万が一投資した企業が倒産した場合、保有している株の価値はゼロになります。リスクを軽減させるには、投資先を分ける『分散投資』が大切です。

【分散投資の基本】
銘柄の分散
最も簡単にできる分散投資です。投資する資金を1/3に分け、3社に1/3づつ投資します。そうすれば、たとえ投資した1社が倒産しても資金がすべてゼロになることなありません。

分散投資は、リスクが分散できる代わりにリターンも少なくなります。分散させる銘柄が2社であればリスクは1/2になりますが、リターンも1/2になり、3社に分散させれば、リスクは1/3とさらに少なくなりますが、リターンも1/3になってしまいます。

分散投資は、リスクが少なくなると同時に、リターンも同じだけ少なくなるということを覚えておく必要があります。大きく儲けるためには、ある程度のリスクを負う覚悟が必要になってきます。

業種や市場で分散させる
分散投資では、同じ業種や同じ市場の銘柄だと、同じような値動きになってしまい効果が薄れるので、業種が違う銘柄を選んだり、東証やジャスダックなど市場の異なる銘柄を選ぶようにしましょう。

購入時期をずらす
同じ銘柄でも購入する時期をずらし、複数回に分けて購入することでリスクを分散することができます。例えば、1月の時点で株価が1,000円の株を100株購入し、3月に950円で同じ株を100株購入した場合、975円の株を200株購入したことになります。

ここでもし、1月に1,000円の株を200株購入していたら、3月の時点で株価が950円になっているので、950円の株を200株保有していることになり、2回に分散した場合に比べて損をしていることがわかると思います。

このように、同じ株でも購入時期をずらすことでリスクを軽減することができるわけです。