株式投資TOP出来高の意味を知ろう
「出来高」とは株を売買したとき、売り手から買い手に渡った株数のことです。1日の出来高は、その日に売買された株の総数をいいます。
 
その株の出来高が多いということは、その株が活発に売買されたということを意味しています。

出来高からわかること

出来高からは、その株の人気度(どれだけ投資家に注目されているか)を知ることができます。出来高と一緒に株価も上がっていればそれは活発に売買が行われ、「上昇の勢い」があるということになります。

また、株価が大幅に下がっていて出来高が多い時は、その株に「見切売り」が出たと考えられるのです。

特に、短期トレードの場合は、どれだけ多くの人がその株に注目し、実際に売買しているかを押さえておく必要があります。売買している人の数が少なければいつ急落するかわからないからです。

出来高と株価の関係は

出来高は株価の動きに先行する性質があります。株価と合わせて見ることで株の「買い」と「売り」のサインを見つけることができます。

出来高と株価が同じように下降していき、その両方が底値に達したときに下降が終わります。

その後、株価と出来高は反転して上昇を開始し、その両方がピークに達した時、上昇が終わり今度は出来高が下がり始めるのです。買いのサインはこの出来高と株価の両方が底値になった時で、逆に両者がピークに達したら売りのサインとなります。

また、出来高が急増している場合、株価が近いうちに急上昇する可能性を示し、逆に出来高が少ないのに株価が急上昇している場合は近いうちに株価が急落する恐れを示しているのです。