株式投資TOP株価チャートとローソク足
「ローソク足」は、株価チャートにおいて最も基本的なものです。1日あるいは1週間の株価の動きを「始値」、「高値」、「安値」、「終値」の4つに分けて、それを1つの図形で表したものです。その形がローソクに似ていることから「ローソク足」と呼ばれています。

このようにして1日の株の値動きをまとめたものを「日足」、1週間では「週足」、1ヶ月間では「月足」と言い、これらを連続して表記したものを「株価チャート」と言います。

ローソク足から得られる情報は

1本のローソク足から得られる情報は、「始値」、「終値」、「高値」、「安値」の4つです。1日の値動きを表す日足で説明すると、始値から終値までの値動きは「胴体」部分で表し、始値より終値の方が高ければ「陽線」と呼ばれ、下図の(a)で表し、逆は「陰線」で(b)で表されます。

高値は「上ひげ」の一番上の位置に当たり、安値はその逆で一番下のひげに当たります。また、上下にひげがついていない場合は、始値もしくは終値がその日のうちで高値もしくは安値だったことを意味します。

株価チャート

「株価チャート」は、1週間の動きを表したもの(週足)を連続させて、3ヶ月、6ヶ月あるいは1年とつなげることで出来上がります。そして,これらの流れからその銘柄の今後の方向性を見て投資の判断に利用します。

その日の1日だけでなく、連続した株の値動きを見ることで、その株の今後の上昇や下降性がわかるのです。「株価チャート」は、その銘柄の今後の方向性を知る上で欠かすことのできないものです。

今、自分の投資しようとしている株が全体的に見て上昇中なのか、下降中なのかということを知ることで投資方法が決まります。




一般的に株価チャートが上昇中、すなわちグラフが右肩上がりの時に「買い」と言えます。そして、一旦、株価チャートが右肩下がりへと変わった時に撤退する時です。
 
上昇中の銘柄なら「買い」で2段階ぐらいまでは利が取れます。反対に下降中の銘柄には手を出さず反転上昇を狙うのです。