株式投資TOPカラ売りの基本について
下げ相場では、信用取引を利用した「カラ売り」が欠かせません。特に、毎日コツコツ稼ぐデイ・スイングトレードでは重要です。

買いしか出来ないトレーダーは下げ相場では手の打ちようがありませんが、カラ売りもできるようになると、急落相場や急落株が大きな利益を生んでくれるようになるからです。

カラ売りには「特有のリスク」というものもありますが、損切りを徹底すればそれほど問題ではなくなります。

賃貸銘柄と信用銘柄

信用取引ができる銘柄には「賃貸銘柄」と「信用銘柄」があり、このうち信用銘柄は信用買いしかできず、カラ売りができるのは賃貸銘柄だけです。

証券会社のサイトをチェックすれば、その銘柄がカラ売りできるかどいうかすぐにわかります。また、新聞の株式欄で銘柄名の前に「・」があれば賃貸銘柄です。

カラ売り特有のリスク

現物買いあるいは信用買いの場合、買いの場合はどんなに株が下がっても、たとえその会社が倒産してしまったとしてもゼロを下回ることはありません。

しかし、カラ売りをしかけた銘柄が予想に反して急騰してしまった場合、放っておくと買値以上の損失が発生する可能性があるのです。

例えば、ある株を300円で1000株購入したとします。この場合購入金額は30万円で、この会社が倒産してしまい手持ちの株がゼロになったとしても損失は30万円でそれ以上の損失は発生しません。

ですが、同じ条件でカラ売りをした場合、300円の株価が600円になると損失は30万円で、さらに放っておくと損失は100万円にも、150万円にも膨れ上がってしまう可能性があるのです。

理論上株価に上限というものはありませんので、反対売買をしない限り、損失も無限大に拡大する恐れがあるのです。

もちろんこれは「理論上ありえる」ということで、「損切りをしない場合」という条件がつきます。株式投資において「損切り」の重要性はとても大きいものです。

自分が間違ったと気づいた時は、すぐに損切りするのが基本中の基本です。特にカラ売りの場合は徹底する必要があります。

現実には、損失が保証金に対して一定の割合を超えた場合には、追加保証金を求めらます。そこで、払えなければ証券会社が強制的に反対売買をするので、追い証を入れてまでこだわるようなことをしなければ無限大の損失などありえないということです。