株式投資TOP配当金と売却益で儲ける
株を保有していれば配当金が貰えます。特に最近は、ライブドアショックにより株主配当金を大幅にあげ、株主離れを防ごうとしている企業が増えているようです。

そうした中でも、特に2倍、3倍と配当金を増した会社が狙い目です。

配当金をもらうのは

配当金は株を長期保有していなくても貰うことが出来ます。極端に言えば、3月の決算月の5営業日(土、日、休業日を除く、証券会社が営業している日)前の一晩だけ、保有して置くだけで、配当金を受け取ることができるのです。

配当金だけでなく、株の売却益も得ようとするならばおよそ2~3週間前に保有して置けば、株の上昇益とダブルでGETすることが出来ます。

配当金と株の売却益の両方を得るためには

ここでは配当金に加え上昇売却益を得るための条件をいくつかあげています。

①高配当利回りであること

②資本金がある程度大きいこと

③株価が高くないこと、すなわち安値を狙うこと


中でも3の安値を狙うことは重要です。通常,業績が良ければ、好決算と高配当を狙う人から、買いがどんどん入り株価は上昇します。しかし、月末の期限が来る数日間は売る人が多く株価が下がってしまうため、買値が高いと損して売るケースもあるためです。

そうした場合、業績の良い会社であれば、翌月4月上、中旬まで待つとまた買いが入り、株価が上昇するのでそのときに売ることで売却益も得ることができます。