アフィリエイトTOPSEO(検索エンジンの最適化)の基礎
SEOとは、簡単にいえばホームページを検索エンジン向きに見直して整備することです。検索エンジンには、ロボット型検索エンジン(Google、infoseek、gooなど)とディレクトリ型検索エンジン(Yahoo!Japan)があります。

ロボット型検索エンジンは、ユーザーが入力したキーワードに対してホームページの重要性を評価し、関連性の高いものから順に検索結果を表示していきます。

このしくみを利用して、ロボット型検索エンジンに高く評価されるホームページにすることができれば、検索結果の順位があがるのでヒットされやすくなります。その結果、アクセスアップが図れるということです。

一方、ディレクトリ型検索エンジンは、ホームページの重要性や関連性とは関係なく、ホームページの見出しを五十音順やアルファベット順にして表示します。

ですから、検索エンジンにとって最適なホームページを作っても、検索結果の順位は変わりません。ですから、通常SEOというとロボット型検索エンジンが対象になります。

ロボット型検索エンジンで検索されるには

ロボット型検索エンジンで検索結果が表示されるには、あらかじめロボット型検索エンジンのデーベースに登録されている必要があります。検索エンジンはリンクを経由して新しいページにアクセスします。

【SEOを行う上で重要な2つの要素】
①ホームページの内容を最適化する
 一般にホームページはHTML言語で作られています。HTMLはタグによって見出しなどが定義されています。検索エンジンはこの見出しタグ(<h>タグ)やホームページのタイトルである<title>タグで囲まれた文字列を高く評価します。

タイトルや見出しが正確に記述されてページは、訪問者からもわかいやすく検索エンジンからも評価されるといことです。

②リンクを充実させる
検索エンジンはページそのもの以外にも、リンクの仕方、され方でホームページを評価します。検索エンジンの多くは、多くのページからリンクされているページを高く評価します。また、検索エンジンが高く評価しているページからリンクされているページは高く評価されます。

つまり、「多くのサイトからリンクされることが検索エンジンの上位に表示されること」になるのです。検索結果の上位に早く表示されるには、こちらの方が手っ取り早い方法です。

SEO(検索エンジン最適化)の流れ

検索エンジンは、ホームページから収集した情報を元に、ユーザーが指定したキーワードが何回出てくるか、その位置はどうか、リンク数はどうかなど、様々な要素を組み合わせて評価し、順位付けをします。

ですから、検索エンジンが評価対象としている要素を最適化することが必要です。その要素は主に,サイト構成、キーワード、タイトル・見出し・本文,デザイン・レイアウト、リンク状態等があげられます。これらを順に最適化していきます。

【関連ページ】
SEOの基本について
サイト構成を最適化する
キーワードを最適化して上位表示する
見出し・説明文を最適化する
本文を最適化する
リンクポピュラリティ
検索エンジンスパム